주요 기사 바로가기

北朝鮮インターネットがダウン…米「相応の対応」公言直後

ⓒ 中央日報日本語版2014.12.23 10:40
0
北朝鮮が運営するインターネットサイトが今日未明からダウンして接続が不可能な状態だと分かった。

韓国通信社の聯合ニュースは「『ソニー・ピクチャーズ・エンターテインメントのハッキング』事件の主体と指定された北朝鮮のインターネットが23日午前1時から完全にダウンし、接続が不可能な状態」と報道した。

特に今回の北朝鮮のインターネットダウン事態は、オバマ米国大統領が先週末に北朝鮮のソニーハッキング事件について『相応の対応』に出ると公言した直後に起こったことであるため北朝鮮の対応が注目されると聯合ニュースは伝えた。

この日午前8時現在、北朝鮮の官営通信である朝鮮中央通信や労働党機関紙の労働新聞など北朝鮮が直接運営するホームページは接続できない状況だという。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP