주요 기사 바로가기

<サッカー>崩れた“韓国版メッシ”育成の夢

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.12.22 13:06
0
ソウルに住むチェ・ユンホ君(10)は2年前に思いもよらない経験をした。好きなサッカー選手、リオネル・メッシ(27、バルセロナ)が習った方法と同じトレーニングシステムを提供するという説明を聞き、チェ君は2012年初め、京畿道始興市所在の大教ー始興バルセロナユースサッカー学校に登録した。しかしその年末「チーム解体」という通知を受けた。

チェ君の父チェ・グムチョンさん(43)は「世界的なサッカークラブ(FCバルセロナ)と屈指の教育企業(大教)のイメージを信じて選択したが、チームの解体後、年会費の払い戻しどころか、謝罪電話1本もなかった」とし「何よりも子どもの失望が非常に大きかった」と当時を振り返った。

2年前に子どもの心を傷つけたその事件が結局、訴訟につながった。バルセロナ球団の国内代理店コリアEMGが9月、「サッカー学校の運営を故意に妨害して発生した直接・間接的な損害を賠償すべき」とし、9月に大教側に数十億ウォン台の訴訟を起こしていたことが明らかになった。これと関連し、大教がバルセロナと契約期間中に別途のサッカー学校事業を密かに準備していた状況も確認された。

大教は2011年、バルセロナと5年契約を結び、始興市に大教ー始興バルセロナサッカー学校をオープンした。スペイン現地のコーチが子どもを教える破格的な運営方式が関心を集めた。欧州式のパスサッカーの基礎を習得できるという期待感から会員300人が集まった。

「韓国サッカーのレベルを一段階高める代案」として注目されたバルセロナサッカー学校に暗雲が垂れこめたのは2012年6月からだ。大教とコリアEMGが教育拠点を拡大し、対象も幼児と放課後教室にまで拡張する内容の新しい契約を結んだ後、双方の間に溝が生じた。

コリアEMGは「2012年末、大教側が一方的に『バルセロナサッカー学校の運営を中断する』と通知し、追い出されるように事務室を空けた。大教を信じて進めた初期投資経費やバルセロナに支払ったロイヤルティーなど莫大な損害が生じた」と主張する。大教は「コリアEMGのマーケティング能力が不足し、正常な運営が難しいという結論を出した」と反論している。

大教の立場に変化が生じた理由は推定が可能だ。中央日報が入手した「リトル大教FCパイロット推進の件」と題した大教内部の文書によると、大教は2012年10月ごろからすでに「リトル大教FC」という名称の独自のブランドを準備していた。該当文書には「(バルセロナに支給する)ロイヤルティーなく自社ブランドだけでサッカークラブ事業を進め、収益性を強化する」という内容が出てくる。実際、大教は2カ月後、バルセロナサッカー学校を閉鎖し、その後、バルセロナのシステムをベンチマーキングし、始興と儀旺(ウィワン)、驪州(ヨジュ)にリトル大教FCを運営中だ。

バルセロナサッカー学校が消えた後の問題は多い。バルセロナ式育成システム(ラ・マシア)を導入しようとしていたサッカー界の念願が水の泡になった。裏切られたバルセロナ側の反発も激しい。大教とコリアEMGが法廷争いをする間、最も大きな被害者であるサッカー有望株のため息は忘れられた。

ある法曹人は「ロイヤルティーを惜しむためにバルセロナとの契約関係を無視した大教の決定は教育事業の独占的な地位を乱用した“甲の横暴”と見ることができる」とし「その被害が韓国サッカーとサッカーが好きな子どもが受けるという点を忘れてはいけない」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>崩れた“韓国版メッシ”育成の夢

    2014.12.22 13:06
    뉴스 메뉴 보기
    大教(デギョ)始興(シフン)バルセロナサッカー学校が閉鎖され、ここに所属していた有望株の夢も、欧州式人材育成システムの導入に対する期待感も水の泡となった。(写真=コリアEMG)
    TOP