주요 기사 바로가기

米K-POPファン「好きな歌手は防弾少年団、歌はSOLの『EYES、NOSE、LIPS』」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.12.19 11:31
0
1/2
歌手の防弾少年団
米国のK-POPファンはどんな韓国歌手を最も好むだろうか。韓国コンテンツ振興院米国事務所が11月3~13日にウェブ上で「K-POP米国市場消費者調査」アンケートを行った結果、1540人中199人が「防弾少年団」を1位に選んだ。続いて「EXO(エクソ)」(119人)、「VIXX(ヴィックス)」(99人)、「WINNER(ウィナー)」(70人)、「GOT7(ゴットセブン)」(68人)の順で答え、「SUPER JUNIOR(スーパージュニア)」「INFINITE(インフィニット)」「BIGBANG(ビッグバン)-SOL(ソル)」「2NE1(トゥエニィワン)」「BEAST(ビースト)」がその後に続いた。

今年最も好きだった音楽はSOLの『EYES、NOSE、LIPS』(116人)が1位を占めており、VIXXの『エラー』(84人)、EXOの『Overdose』(68人)、防弾少年団の『Danger』(58人)、2PMの『GO CRAZY!』(37)がそれぞれ2・3・4・5位を記録した。最も好きなミュージックビデオは157人がVIXXの『エラー』を挙げた。EXOの『Overdose』(81人)、防弾少年団の『ホルモン戦争』(65人)、SUPER JUNIORの『MAMACITA-AYAYA』(63人)が後に続いた。

◇51.4%が週10時間K-POP聞く

K-POP視聴時間を問う質問には51.4%が10時間以上、23.4%が7~10時間、20.8%が3~6時間、4.4%が1~2時間だと答えた。また、K-POPを聞いている期間は39.55%が5年以上、24.35%が3年以上と答えた。最も多く接するのはYoutube(81.5%)、iTunes(8.3%)、パンドラ(3.3%)、アプリ、音源ダウンロードなどその他メディア(4.3%)の順という結果となった。

回答者はK-POPの魅力としてパフォーマンスとダンス(35%)、覚えやすくて中毒性のあるリズム(30.8%)、優れた歌唱力(13.4%)、メンバーの多様性(4.5%)、ファッションとスタイル(4.7%)の順で答えた。好むジャンルはダンスが35.5%で最も多く、ヒップホップ/ラップ(27.4%)、R&B(13%)、バラード(9.9%)が後に続いた。好んで見るK-POP番組はMカウントダウンが42.1%で最も多かった。

◇ 10~20代女性が大きな比重占める

全体回答者の1540人中90%が女性だった。年齢別では16~20才が49.9%、20~25才が27.2%、26~30才が7.6%、31~35才4%の順で答えた。人種別ではアジア系が33.8%で最も多く、ヒスパニック、ラテン系が21.4%、白人が20.6%、アフリカ系が7.5%の順だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP