주요 기사 바로가기

凍てつくロシア…韓国の自動車・電子メーカーに緊張(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.12.18 09:14
0
ロシア発の寒波が押し寄せている。韓国の主力産業である自動車・電子メーカーは襟を正している。韓国の貿易でロシアが占める割合は2.1%と少ないが、ロシアが債務猶予(モラトリアム)状態となり欧州経済が打撃を受ければ韓国も影響圏から抜け出すのは難しいためだ。

まず自動車産業が影響を受けている。1~11月のロシアの自動車販売台数は222万台で前年同期より11.6%減った。この期間に現代自動車は4%、起亜自動車は2%ずつ販売が減少した。ここにルーブルの価値が暴落し、現代自動車のロシア販売網には厳しい状態となった。現地法人は生産・販売網を再点検し、ロシア以外の地域で販路を模索している。

現代自動車関係者は、「ロシアで販売する車両はほとんどがサンクトペテルブルク工場で生産しており直接的な為替相場の影響は少ない。だが、ルーブル暴落によるウォン換算利益の減少と部品価格上昇などにより採算性が悪化しかねない」と懸念した。

双竜自動車は事情がさらに厳しい。双竜自動車の輸出でロシアが占める割合は30%に達する。1~11月のロシア向け輸出は2万台余りで、前年同期より30%以上減った。これを受け双竜自動車はエジプトやバングラデシュなど16カ国に新たな販売チャンネルを構築中だ。双竜自動車関係者は、「来年初めに発売する『チボリ』を前面に出して新興市場開拓を拡大しロシアでの販売不振を補完する計画」と説明した。

主力輸出品である携帯電話にも警告灯がともった。ルーブル下落を相殺するには販売価格は引き上げなくてはならないが、ロシアの消費心理が凍りついているためだ。サムスン電子の「ギャラクシーノート4」とLG電子の「G3」はロシアで2万7000~2万8000ルーブルで販売されている。だが、ルーブル急落を反映すればルーブル建て価格を10%以上上げなくてはならないのが実情だ。
凍てつくロシア…韓国の自動車・電子メーカーに緊張(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP