주요 기사 바로가기

韓国の国民所得が60年間で3万倍に増加…1人当たりでは400倍

ⓒ 中央日報日本語版2014.12.15 15:49
0
韓国の国民総所得(GNI)規模が60年で3万倍に増加し、1人当たりのGNIは400倍に増えたことが分かった。

韓国銀行が15日発表した「国民計定(1953~1999年)改編結果」によると、韓国の名目GNIは1953年483億ウォンから昨年1441兆ウォンと、60年間に2万9833倍に増えた。

1人当たりのGNIは60年で67ドルから394倍の2万6205ドルになった。年平均10.5%ずつ増加してきたといえる。

GNIが増加しているにもかかわらず、家計状態の改善は遅いことが分かった。家計状態を測定できるGNI対比家計所得比重は1975年79.2%から昨年には61.2%に減った。半面、企業の比重は9.3%から25.7%に高まった。

総貯蓄率は1953年10.9%から着実に増えて1988年41.7%にピークを迎えた。その後は徐々に下がり始め、昨年は34.4%を記録した。

総投資率もまた、1991年(41.4%)をピークにその後は企業等における設備投資の増加が鈍化するなどして下落傾向を続けている。昨年の総投資率は28.8%だった。

家計貯蓄率は1988年24.4%をピークに急速に縮小し、昨年の数値(4.5%)が1953年当時(4.6%)とほぼ同じ水準となった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP