주요 기사 바로가기

JYJ、情熱舞台の大阪公演…日本ファン熱狂

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.12.15 14:55
0
1/3
「2014 JYJ Japan Dome Tour 一期一会」大阪公演の様子。
グループJYJが日本ファンに幻想的な舞台をプレゼントした。

JYJは13日、京セラドーム大阪で開かれた単独コンサート「2014 JYJ Japan Dome Tour 一期一会」で3万7000人余りのファンと会った。3時間繰り広げられた情熱的なライブコンサートに客席のすべてのファンが歓呼した。

JYJは『Empty』『Be the one』『Valentine』『BACK SEAT』など強烈なダンスミュージックで公演会場を沸かせ、『LET ME SEE』『In Heaven』『So So』などのバラード曲で美しいハーモニーを奏でた。

メンバーの個人舞台も多彩だった。キム・ジェジュンはレミオロメンの『粉雪』を、キム・ジュンスは絢香の『空と君のあいだに』を、そしてパク・ユチョンは福山雅治の『最愛』を歌うなど日本ファンに特別ステージを披露した。

また、キム・ジェジュンは日本の人気曲『Ultra soul』と自身の1stソロアルバムに収録されてる『Butterfly』を熱唱してカリスマあふれる舞台を見せたほか、キム・ジュンスは自身の2ndソロアルバムのタイトル曲『INCREDIBLE』と共にパワフルなダンスパフォーマンスでファンを熱狂させた。パク・ユチョンは甘美な感性で『I love you』を歌いあげた。

ファンとの交流も印象的だった。JYJはトークの間ジョークの飛ばし合い、互いのキャラクターを生かしたユーモアで会場を笑いの渦にに巻き込んだ。キム・ジュンスの「おやじギャグ」、キム・ジェジュンとパク・ユチョンの「19禁ギャグ」にファンは歓呼した。また、日本で最も人気のある流行語を駆使したり、関西弁を披露したりもした。

「2014 JYJ Japan Dome Tour 一期一会」は11月18~19日の東京ドーム公演を皮切りに、今回の13~14日の大阪公演を経て12月23~24日には福岡ヤフーオク!ドームで開かれる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP