주요 기사 바로가기

【取材日記】市民の安全が最優先だ=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.12.15 14:38
0
ソウル蚕室(チャムシル)の第2ロッテワールドが「安全スキャンダル」に包まれた模様だ。ソウル市のイ・ゴンギ行政第2副市長が10月2日、「低層部3棟の臨時オープンを承認する」と発表して以降、大小の「安全警報」が鳴っている。

ロッテワールドモール5~6階の飲食店街の通路床の亀裂(10月26日)、ロッテワールドモール1階の天井から落ちた金属物で男性負傷(10月29日)、「AVENUEL」館8階天井ポール亀裂(11月3日)、アクアリウム(水族館)の漏水現象(12月9日)、ロッテシネマワールドタワー店の14館スクリーンと床の揺れ(12月10日)。これまで明らかになった問題だけで数え上げるのも息が切れるほどだ。

実際、第2ロッテワールド誕生の過程でも話が多かった。李明博(イ・ミョンバク)政権時だった2009年3月、首相室は京畿道城南(キョンギド・ソンナム)のソウル空港の補助滑走路変更を条件に第2ロッテワールドの高さ制限を撤回した。呉世勲(オ・セフン)市長時だった2010年11月、ソウル市は高さ制限の撤回により建築許可を変更した。このような迂余曲折を経てロッテグループは123階(555メートル)の第2ロッテワールド新築の夢を叶えた。

この過程で市民からの異議申し出が絶えなかった。ソウル市の臨時オープン承認措置に対して市民団体や保護者らが反発した。「特定財閥大企業の利益の前に、市民の安全や利便性を根こそぎ投げ打った」として反対デモを行ったが力不足だった。

オープン後、安全関連の問題点が提起されるたびにロッテ側は隠したり後手に回る対応をしたりするのが常だった。

5~6階の飲食店街の通路床の亀裂が発見されるとすぐにロッテ建設は「『ソウル3080』(1930年~80年代のソウル)の街デザインを再現するための意図的な亀裂」と釈明したが、ひそかに補修工事を行った。水族館の亀裂に対しても「世界的なアクアリウムで漏水は一般的な現象」と言い逃れた。

政府や公務員の対応も信じられないのは同じだ。朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長は5月13日、安全帽をかぶって工事現場を点検した。当時、朴市長は「完工時まで持続的に点検する」と約束したが、それだけだった。ソウル市は臨時使用の承認を与えながら「建築物の安全対策など4項目を履行しなければ承認を取り消す」と脅したが、その後に積極的な措置をしたという便りは聞こえてこない。

国民安全処のキム・ドンヒョン生活安全政策官は11日の記者会見で「精密安全診断の結果によって安全措置命令を下した時にロッテが履行しなければ使用制限命令を出せるが、現段階では難しい」と釈明した。一時的な営業停止をしたくても法的手続きのためにできないという話だ。

セウォル号惨事を体験しながら韓国社会が確認した教訓がある。企業が利潤追求にばかり固執すれば、国民の安全を威嚇し、企業自らの存立も大言壮語できないということだ。不安な市民は今「市民の安全を優先してほしい」とロッテに要求している。

チャン・セジョン社会部門記者

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP