주요 기사 바로가기

ナッツリターン目撃者「謝罪の意味で飛行機の模型を送ると言われた」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.12.14 11:54
0
「趙顕娥(チョ・ヒョンア)大韓航空前副社長は客室責任者と乗務員に向け暴言・暴行していない」という大韓航空の主張は虚偽という証言が公開された。

事件当時、趙前副社長のすぐ前の席に座っていた32歳の女性は13日、ソウル西部地検で参考人として調査を受けた後、趙前副社長が客室責任者に降りるよう強要し、乗務員に大声を上げたり手で乗務員の肩を押したと当時の状況を伝えた。

女性は、「趙前副社長の声があまりにも大きく、一般席との仕切りのカーテンがたたまれた状態のため一般席の乗客もみんな見ているほどだった。乗務員にタブレットPCでマニュアルを探せと言っているので、『どこのだれで航空機についてよく知っているのだろうか』と考えた」と話した。

また、「ひざまずいたままマニュアルを探す乗務員を趙前副社長が立たせて押した。片手で乗務員の肩を搭乗口の壁まで3メートルほど押した」と説明した。

女性は、「(マニュアルが入った)ファイルを巻いて乗務員の横の壁を叩いた。乗務員はおびえた状態で気の毒なほどだった」とした。

女性は、「乗務員にファイルを投げつけ、ファイルが乗務員の胸に当たって落ちた。乗務員を押しのけ最初は乗務員だけ降りろと言い、客室責任者に『それではあなたが責任者だからあなたの間違いだ』として客室責任者に降りろと言った」と証言した。

ただ、趙前副社長が客室責任者を叩いたり罵倒する姿は目撃しなかったとし、飲酒していたかについてもやはりわからないと話した。

騒ぎは20分間余り続き、離陸後も謝罪の機内放送はなかったという。

女性は、「出発後の機内で私も心的ストレスを受けた状態であり、いつ騒ぎが起きるかわからないとの考えからたびたび顔色をうかがうことになった。乗務員に尋ねたら『内部的なこと』と言うだけでそれ以上は尋ねなかったが、記事を見てとてもあきれた」とした。

女性は、「私が見ても(客室責任者と乗務員に)ひどすぎという気がするほどだったため(趙前副社長の行動は)本当に間違ったこと。指摘は飛行機から降りてからでもできるのに、本人の事務所でもあるまい」と話した。

女性はまた、「たかがそんなことのために飛行機を引き返さねばならず、険悪な雰囲気を作ってストレスを受けながらの14時間にとても腹が立ち、コールセンターに電話して抗議した」と話した。

女性は事件後の大韓航空の行動についても問題を提起した。

コールセンターに連絡後、10日に大韓航空の役員から電話があり、“謝罪次元”として飛行機の模型とカレンダーを送ると話したという。

女性は「2回も電話をしたがすぐに折り返しがなく、該当役員も『もしメディアとインタビューをしても謝罪を確かに受けたと話してほしい』と話しさらに腹が立った。後でイメージが落ちるからと曖昧な謝罪文を発表しておきもみ消そうとすること自体が間違っているという感じだ」と話した。

検察はこれに先立ち、該当航空機の機長と客室責任者を呼び調査したのに続き、この日乗客の女性ら関係者を呼んで集中調査した。検察はこれを通じて趙前副社長の暴言・暴行容疑を一部確認したとされる。

合わせて検察は前日に操縦席のボイスレコーダーと該当機のブラックボックスを回収し分析を進めている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP