주요 기사 바로가기

ニューヨークタイムズ「ナッツリターン、財閥一族への怒りあおる」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.12.14 11:22
0
ニューヨークタイムズが大韓航空の“ナッツリターン”事件に対する速報を続々と伝えている。

10日に今回の事件を初めて報道したニューヨークタイムズは、12日もソウル発の長文記事で「趙顕娥(チョ・ヒョンア)前副社長の行動に対する韓国世論の怒りは冷めず、財閥一族への攻撃が広がっている」と報道した。

ニューヨークタイムズは、「大韓航空会長“愚かな”行動した娘の職責剥奪」と題する記事で、「趙前副社長の父親の趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長が、子どもが誤った行動をした時に代わって懺悔する姿を見せる韓国の伝統方式に基づき頭を下げ自分を叱ってほしいとお願いした」と伝えた。

趙会長は長女の趙前副社長が大韓航空とホテル、運送など巨大複合企業である韓進(ハンジン)グループの副社長職とすべての役職から退かせると明らかにした。

同紙はまた、「機内サービス責任者はテレビのインタビューで、『趙前副社長の前にひざまずいて謝るよう強要された。私が感じた恥辱は体験したことのない人にはわからないことだ』と話した」という内容を紹介した。また、検察が大韓航空の事務所を立ち入り調査するなど、事件を隠そうとしたかに関しても調査中だと付け加えた。

続けて、「韓国の財閥に対する怒りは最近になって経済的不平等の格差が広がりさらに高まっており、韓国のメディアも批判的な社説を載せている」と報じた。オンラインでは大韓航空ボイコット要求が提起され、大韓航空を「ピーナッツ航空」とパロディにした動画は再生回数が50万回を超えたと伝えた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP