주요 기사 바로가기

「床・スクリーンが揺れる」 上映館1カ所閉鎖…第2ロッテワールドを調査

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.12.13 10:28
0
ソウル松坡区の第2ロッテワールドロッテシネマワールドタワー店のある上映館が暫定閉鎖された。

ロッテシネマは、第14館で映画を見た観客が10日午後7時50分ごろスクリーンと床が揺れると抗議したことを受け、11日から第14館を暫定閉鎖し、独自の技術支援チームと施工会社、サウンド会社の関係者を投入して実際に震動があったかどうか原因などを精密調査を行っている、と明らかにした。

当時、映画を見ていた観覧客は「映画上映中にコンコンという音とともに床が震え、スクリーンの映像も揺れた」とし「映画を途中まで見たが、2、3回似た状況が発生した」と述べた。

この上映館は先月にもスクリーンの両側と座席が何度か揺れたという申告があり、消防隊が出動したりもした。

ロッテグループ側は「ワールドタワー店は一般映画館よりサウンド効果を最大化するため多くのスピーカーを設置している」とし「スピーカーの音響が衝突するのではないか、調査を重点的に進めている」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP