주요 기사 바로가기

韓銀総裁「3%台の成長、1~2%台の物価…デフレではない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.12.12 09:38
0
「来年度の経済成長の展望3.9%をそのまま維持することは困難だ」。李柱烈(イ・ジュヨル)韓国銀行総裁が再び機首をひねった。わずか2カ月での路線調整だ。11日李総裁は年2%である基準金利を維持することにした金融通貨委員会(金通委)の結果を伝えながらこのように明らかにした。

韓銀は3カ月に1度の割合で経済展望分を修正する。李総裁の発言は10月に4%から3.9%に下げた来年の国内総生産(GDP)成長率の展望値を再び下方修正するという意味だ。来年の物価上昇率予想値も低くなる展望だ。李総裁は「オイル価格の平均導入単価が10%下がれば年間消費者物価上昇率を0.2ポイント低くするという模型分析の結果が出た。オイル価格が今年の下半期だけで30%以上下がったので今後、物価上昇率を相当幅で低くする要因として作用するだろう」と説明した。韓銀は来年1月に修正経済展望報告書を発表する。

この日、金通委は先月に続き2カ月連続で基準金利を凍結した。韓銀は今年8月と10月に0.25ポイントずつ金利を下げて現在2%を維持している。グローバル金融危機が迫った2009~2010年と同じ数値で、歴代最低だ。このような状況で「1%台の基準金利実験」をするにはまだ早いというのが韓銀の判断だ。李総裁は「去る基準金利引き下げの効果が、どのように表れるのか見守る必要がある。そこに加えて家計融資の高い増加傾向で金融安定にさらなる留意が必要だという点を考慮した」と説明した。低い金利と不動産融資規制が絡み合って今年の7-9月期に1060兆ウォンまで膨らんだ家計借金を意識したという話だ。

国内景気の流れを見る視角は暗くなったが、李総裁は「デフレーション(物価下落と長期沈滞)」の可能性を一蹴した。前日、経済展望をしながら韓銀の行動を促した韓国開発研究院(KDI)を直接ねらった。「KDIが来年の経済成長率展望を3.5%、物価上昇率の展望を1%台だといったが、3%台の成長と1~2%台の物価をデフレとは言えない」と反論した。それと共に「構造的な問題を治癒せずには低成長・低物価から脱却することはできない」と指摘した。

市場では来年に基準金利が1%台に入り込む可能性が大きくなったとみている。LG経済研究院のチョ・ヨンム研究委員は「景気が振るわない中で物価上昇の圧力が低くなったという李総裁の言及は、基準金利を来年初めまたは上半期に追加で引き下げるという市場展望を後押しする」と述べた。「経済成長率・物価上昇率の展望下方修正」と「基準金利の引き下げ」は時差が少しあってもセットになるケースが多かった。予想よりも景気がさらに悪くなりそうだから金利の引き下げで先制対応をというやり方だ。韓銀が10月に修正経済展望報告書を出す中で金利を低くした時も、この論理に従った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP