주요 기사 바로가기

韓国造船業界、世界1位を取り戻すか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.12.12 09:31
0
韓国が中国を抜いて造船業世界1位を奪還する展望だ。2009年、中国に1位を譲った後5年ぶりだ。国際海運・造船市況の分析機関クラークソン(Clarkson)によれば今年に入って先月まで韓国の船舶引き渡し規模は1113万CGT(Compensated Gross Tonnage、標準貨物船換算トン)を記録した。同じ期間で中国の船舶引き渡し規模は1073万CGTだった。

過去20年間、中国では船舶建造の経験がない造船会社が受注した後、受注契約書を根拠に銀行から資金を融資してもらって造船所を作るブームが起きた。だが市場が飽和状態に達して世界の景気が不振に陥ると、それまで重なった借金や過剰供給で困難を経験してきた。大連や広州などの造船所は仕事がなく休業に入った。

造船業の不況に中国は9月、政府支援を受ける51の造船会社の名簿を発表した。一部の企業は政府の構造調整計画によって買収・合併(M&A)案を検討している。業種を切り替えるケースもある。中国最大の民間造船所である熔盛重工業は、原油生産から主業種を切り替えた。この会社は昨年労働者の40%を減員した。

ウォールストリートジャーナル(WSJ)は「中国の造船企業が政府の補助金をもらって乱立しながら価格の引き下げやダンピング販売をするなど『自分の肉を切り取る競争』で中国造船業の競争力が弱まった」と診断した。

クラークソンの資料によれば中国の新規受注物量は昨年に比べて42%減ったが、受注残高はむしろ昨年よりも25%増えた。これは船会社が船舶を引き渡していなかったり中国造船所が引き渡し日に間に合っていなかったりすることを意味するとブルームバーグは報道した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP