주요 기사 바로가기

外見に気をつかう男たち…お得意様に浮上した30・40代=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.12.10 18:02
0
会社員ソ・ジョンウさん(33)は毎日振動クレンザーを使って洗う。ブラシがついた機器を顔につければ細かい振動で角質が除去されるというからだ。機器の価格だけで20万ウォンを軽く超えたが夜勤で睡眠不足なので肌に投資した。彼は「スキン-エッセンス-ローション-クリーム-アイクリームの5段階で基礎化粧品をしっかり塗る」として「ズボンに合わせて2万~3万ウォン台の靴下を選び、1カ月に服代は30万ウォン程度使う」と話した。

女性よりさらに几帳面に外見に気をつかっているサラリーマンが化粧品・ファッション市場を導いている。今年4月、オランダの家電メーカーフィリップスは、世界で初めて韓国で男性用の振動クレンザー「visapure men」を出した。フィリップスコリアのある役員は「女性用の振動クレンザーもまだ普遍化していないのに男性用がうまくいくのかという不安もあったが、市場の反応に驚いた」と話した。最初の月間販売量が昨年9月に出した女性用振動クレンザー「visapure」の時の7倍を超えた。その後フランスでも発売されたが、韓国の販売量が約4倍多い。フィリップスはこれに伴い9月に新製品9000シリーズカミソリにも振動クレンジングを付加機能に入れた。

女性服業界で不動の1位のHandsomeでさえ最近では男性ブランドをさらに多く出している。まずSYSTEM HOMMEの発売以来6年ぶりに今年8月高級男性ブランド「ランバンスポーツ」を出した。フランスのブランド、ランバンと手を組んで世界で初めて韓国で発売したのだ。今年5月には国内で最初に有名靴ブランド「Jimmy Choo」の男性ラインをリリースし、6月にはスイスブランド「BALLY」の最高額(170万~1200万ウォン)注文製作ライン「マイ・スクリーブ」を持ち込んだ。今年9月、サッカースターのデビッド・ベッカムが着ている「Belstaff」を出すなど最近1年間でHandsomeが持ち込んだ輸入ブランドの大部分が男女共用や男性服ブランドだ。今年2月に出したハンドバッグ・アクセサリーブランド「DECKE」もスタート当時から男性用クラッチバッグを出して人気を集めた。Handsomeの関係者は「最近3カ月間で男性顧客の増加率が34%と女性の3.4倍」と話した。

SKネットワークスが輸入するクラブモナコも今年10月、香港・ロンドンに続きソウルのカルスキルに世界で3店目の男性服単独店舗「メンズショップ」をオープンした。SKネットワークス関係者は「クラブモナコ男性服部門の伸び率が60%を超えている」として「世界で最も伸び率が高く、本社で韓国顧客の体形や好みに合わせた製品を別に出すほどだ」と話した。男性がファッションに気をつかいながら下着にも変化が出ている。「NAMYEUNG VIVIEN」のカン・ウンギョンデザイン室長は「3~4年前は年齢帯に関係なく快適なトランクスパンツを好んだが、この頃は中年男性もぴったりしたズロースを好む」と話した。ぴったりしたズボンの下にはけるストッキングのような材質の「ボディフィット」下着も人気だ。

化粧品業界も男性顧客に力を入れている。LG生活健康は先月、男性専用オンラインモールを「every man is」という名前で別にオープンした。男性化粧品だけで計140品目を扱い肌の悩み相談や自動車・ファッション情報も提供する。40代の男性を狙ってシワの改善に美白機能まで加えた「VONINマジェスタ」も出した。「HERA HOMME」は男性用CCクリーム(BBクリームに機能を加えた製品)を最初に発売し、ヘアー専門ブランド「ミジャンセン」は21種の製品で構成した男性専門「メン」ラインを出した。

高級ブランドも男性顧客をつかまえるのに必死だ。新世界デパート本店は6階に「ラグジュアリー男性館」を開いてイタリアの「GOLDEN GOOSE DELUXEブランド」の男性売り場を世界で初めてリリースするなど高価ブランド100余りを集結した。ソンジン毛皮は洋服の上に着ても似合うよう断定したデザインの男性用毛皮を今月から販売している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    外見に気をつかう男たち…お得意様に浮上した30・40代=韓国

    2014.12.10 18:02
    뉴스 메뉴 보기
    ソウル清潭洞(チョンダムドン)のHandsomeビルの「SYSTEM HOMME」売り場で、男性顧客がクラッチバッグを選んでいる。取っ手がなく、脇にはさんだり手に持つ形のクラッチは代表的な女性用ハンドバッグだったが最近は男性にも人気だ。(写真=Handsome)
    TOP