주요 기사 바로가기

【コラム】資本主義と創意性の“間違った”出会い=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.12.08 15:33
0
私はこのコラムをロンドンで書いている。ここロンドンでは、環境がよくない地域にある7坪のスタジオも1カ月に韓国ウォンで150万ウォン(約16万円)を支払わなければいけない。地下鉄で交通カードのオイスターカード(Oyster Card))を一度使うたびに3000ウォン。平凡なスパゲティーが有名料理人ジェイミー・オリバーが経営するレストランでは3万5000ウォン(税金・チップ込み)だ。名前がないレストランでも3万ウォンもする。

最近、母の友人の息子がロンドンを離れて故郷の北側に戻った。彼は学校の先生だが、首都ロンドンでは品位とは距離がある生活を送るしかない。看護師・警察のような職業も同じだ。イングランド西北部にあるマンチェスターに行けば事情が違う。マンチェスターに暮らす私の親は庭がある一戸建て住宅に暮らしている。しかしその家を売ってロンドンに引っ越しすれば、廃れた地域にある7坪のスタジオしか代案がない。

ロンドンを特別な場所にした「成功のために奮闘する創意的な人々」、すなわち芸術家・デザイナー・音楽家が見るに、もう奮闘は惨めに終わった。もうロンドンには引かれるものがない。英国で最も定評があるテレグラフのコラムニストまでが、ロンドンのソーホー(Soho)地域が“商業化”されたと嘆く。“妙”に不道徳でボヘミアン的な雰囲気が消えたということだ。どこへ行ってもみんな似ている。チェーン形式で運営されるスーパーやコーヒーショップがあり、高いレストランがある。

 
「筆者は共産主義者だ」と考えてこれを読んでいる読者もいるかもしれない。クローニー資本主義(crony capitalism)ではなく、きちんとした資本主義には想像力が必要だ。新しい価値を創出し、従来の資源をよりよく活用するためだ。しかし今は想像力が欠如している。ソーホーに酒場や店をオープンするには莫大な資金が必要だ。失敗を容認しないため、ソーホーに進出するのはすでに成功の可能性が立証された、ただそれなりの平凡な事業だ。


【コラム】資本主義と創意性の“間違った”出会い=韓国(2)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP