주요 기사 바로가기

朴大統領「チラシに出る話、恐れること何もない」…正面突破の意志

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.12.08 09:39
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領が7日、「チラシ(証券街情報誌)」という言葉を使った。金武星(キム・ムソン)代表などセヌリ党指導部、党所属予算決算特別委員らとの昼食会でだ。朴大統領は「秘線(影の人物)」論争について、「チラシに出てくるような話で国全体が揺れるというのは、本当に大韓民国の恥ずかしいことだ」と述べた。

朴大統領は1日、首席秘書官会議を主宰した席で、「秘線」波紋について「事実無根」という立場を明らかにした。当時、「市中に飛び交う数多くの噂」という程度の表現を使ったが、この日は直接的に「チラシ」に出てくる話だと釘を刺した。金淇春(キム・ギチュン)大統領秘書室長が最近、セヌリ党議員との非公開電話で明らかにした「市中に出回るチラシ水準の情報なので私のラインで黙殺した」という認識と同じだ。

「チョン・ユンフェ動向文書」流出後、野党の攻勢が強まっている中、劉震竜(ユ・ジンリョン)前文化体育観光部長官および趙応天(チョ・ウンチョン)前青瓦台(チョンワデ、大統領府)公職紀綱秘書官に関する暴露が相次いでいる状況だが、朴大統領はこれを「とんでもない話」として一蹴し、正面突破するという意志を見せた。実際、朴大統領は昼食会の最後の発言で、「私は恐れることは何もないので、揺れる理由もなく、絶対に揺れない」と強調した。

青瓦台の関係者は「いろいろな話が出ているが、朴大統領の状況認識は1日の首席秘書官会議で明らかにしたことと何一つ変わっていない」とし「検察の捜査が出てこそ分かることだが、文書の内容が明明白白に虚構という相当な自信を持っている」と述べた。

しかし検察の捜査が進行中という状況で朴大統領が異例に「チラシ」という言葉に言及しただけに、もし捜査の結果、チョン・ユンフェ氏らに関する新たな事実が明らかになる場合、厳しい状況を迎える可能性があるという指摘もある。

これに関し、別の青瓦台関係者は「朴大統領が今回の文書波紋が生じた後、断固たる発言をするのは、論議の中心に入ってこない普段のスタイルとは違う」とし「国政を引き締めるべきだという考えから、気持ちがそれだけ急いでいる」と説明した。この関係者は「今週、釜山でASEAN(東南アジア諸国連合)特別首脳会議が開かれるうえ、年末・年初にはその間推進してきた国政課題をめぐり生ぬるい部分があれば公務員を促さなければならない状況だが、セウォル号特別法のためにできず今度は文書のためにできないという考えで、朴大統領は非常にもどかしく感じているはず」と述べた。

この日、朴大統領は金代表をはじめとするセヌリ党議員に「韓国経済は一刻を争う状況だが、消耗的な論争に国政が足を引っ張られることがないようにしっかりと取り組んでほしい」と要求した。それとともに「検察の捜査結果を見守ってほしい」と頼んだ。セヌリ党で出るおそれがある金淇春室長と青瓦台の秘書官3人(李在万総務秘書官、チョン・ホソン第1付属秘書官、アン・ボングン第2付属秘書官)に対する責任論などを遮断するための発言という観測が出ている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    朴大統領「チラシに出る話、恐れること何もない」…正面突破の意志

    2014.12.08 09:39
    뉴스 메뉴 보기
    新政治民主連合は7日、チョン・ユンフェ氏と青瓦台の秘書官ら計12人を検察に告発した。新政治連合の朴範界議員、金敏基議員(右から)が告発状を持ってソウル中央地検に入っている。
    TOP