주요 기사 바로가기

【時論】韓国ガールズグループのナチ衣装、無知は弁解にならない(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.12.08 09:12
0
「そうだ、それはおそらく無知が招いた小さな事故だった」と受け流すこともできるだろう。ガールズグループにナチのユニフォームとそっくりの衣装を着せて送りだしたパンダグラムの行動もまた、おそらく無知から起きた失敗に過ぎないのかもしれない。しかし、現在の韓国は20年あるいは30年前の韓国と違いすぎる。すでにこの地には多くの外国人記者が常駐していて、彼らは韓国で起こるすべてのことに目と耳を開いている。さらに、Pritzのようなあまりよく知られていないグループの失敗のような小さなことも世界的なニュースの種になりうる。

多くの韓国人がユダヤ人に対して悪くない感情を有していたので、私はいつも韓国の人たちに私がユダヤ人であることを堂々と話すことができた。しかし、韓国人はユダヤ人、黒人そして他の少数人種がナチの象徴を見た時にのような水準の恐れを経験することになるのか知らないようだ。欧州や北米、南米では、極度の極右派や白人優越主義者だけがナチの象徴を使う。一部のファッションデザイナーやミュージック・プロデューサーにはこのようなシンボルが格好良く映るのかもしれないが、私たちにとってそのようなシンボルは人種に対する偏狭さと憎しみの象徴だ。また、ホロコーストの間、ナチによって凄惨に死んでいった私たちの家族や親戚を思い出させる。

私は韓国の大衆文化にナチの象徴がしばしば登場する事実が非常に不審に思われる。過去、韓国に蛮行を犯した日本帝国主義と同じようにナチは韓国で嫌われる存在でなければならない。1930~40年代、日本帝国主義の最も近い同盟国はドイツのナチであった。私たちは韓国人が日本軍によって凄惨に踏みにじられたことの他にも、数多くの中国人を極悪非道に殺害した南京大虐殺についてよく知っている。このような行為は日本帝国主義が日本人でない人々を人間以下として取り扱い、奴隷としてみなして殺したことを示している。日本人でない人々に対する彼らの態度は少数人種に対するナチのそれと全く同じだ。

私の考えでは、ナチファッションは旭日旗が描かれた服を着るのと同じだ。もしナチが第2次世界大戦で勝利していたなら、彼らは韓国が日本によって奴隷になり非人間的な取り扱いを受けることに喜んで同調しただろう。おそらく韓国はまだ日本の植民地として残っているかもしれない。ナチの象徴は韓国の人々に旭日旗ぐらい嫌な存在でなければならない。

経済協力開発機構(OECD)統計によると、韓国は全世界で教育水準が6番目に高い国だ。このように教育水準が高い国で無知はこれ以上弁解になりえない。

ティム・アルファー/大韓航空機内誌「Morning Calm」編集者

◆外部者執筆のコラムは中央日報の編集方針と異なる場合があります。
【時論】韓国ガールズグループのナチ衣装、無知は弁解にならない(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP