주요 기사 바로가기

韓国造船業2カ月連続受注世界1位…中国抜く

ⓒ 中央日報日本語版2014.12.04 11:28
0
韓国造船業が10~11月の2カ月連続で受注実績世界1位に立った。

4日、グローバル船舶・海運分析機関クラークソン・リサーチ・サービシズによると、修正換算トン数(CGT)基準における11月の国家別受注実績で、韓国は58万6809CGTで中国(26万7663CGT)を抜いて10月に続き世界1位を記録した。韓国のグローバル受注占有率は48.5%で、世界シェアの半分に迫った。受注占有率は中国が22.1%、日本が20.2%でこの後に続いた。

月別受注実績で韓国が中国を抜いたのは今年に入って2月、7月、8月、10月、11月など合計5回だ。昨年は2月、3月、4月と8月など4回にとどまっていた。

しかし1~11月の累計実績では中国が1457万5052CGTで韓国(1020万448CGT)より大きく先んじている。受注金額の側面でも、中国の1~11月受注累計は281億ドルで韓国の269億ドルより多い。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP