주요 기사 바로가기

大統領秘書室長「チラシ水準の情報なので黙殺」=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.12.04 09:55
0
「チョン・ユンフェ動向報告文書」波紋の中、金淇春(キム・ギチュン)大統領秘書室長が「動揺なく仕事をしてほしい」として内部の雰囲気を引き締めていると、複数の青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者が伝えた。

青瓦台のある関係者は3日、「金室長が毎日、青瓦台首席秘書官会議を主宰し、『動揺なく国政に取り組んでほしい』と伝えている」とし「内部監察を通じて今回の事件に対応しながらも、通常の業務は正常に進めている」と話した。特に青瓦台外交ラインなどは11、12日に釜山で開催される韓・ASEAN特別首脳会議を準備するため力を注いでいるという。

趙応天(チョ・ウンチョン)前青瓦台公職紀綱秘書官は中央日報のインタビューで、「5月末、6月初めに文書が(大量に)流出したという報告書が民政首席室に上がったが、再調査が行われなかった」とし「きちんと調査せずに伏せられたのは重大な事案」と述べた。趙前秘書官はチョン・ユンフェ文書に関しても、報告ラインを通じて金淇春室長に口頭で報告したと何度か主張した。金室長が意図的に黙殺したというニュアンスだった。

民政首席室で勤務した別の関係者は3日、「金室長は報告書の内容の真偽を正確に判断しにくく、たとえ事実であっても朴槿恵(パク・クネ)大統領が信頼する参謀の3人(李在万、チョン・ホソン、アン・ボングン秘書官)と対立したり葛藤を起こす姿を見せるのが負担になったのだろう」とし「3人と対立するのが外部に露出すれば大きな波紋を起こすことを心配し、そのまま黙認して済ませたとみられる」と主張した。

しかし金室長は趙前秘書官らが提起するこうした疑惑をセヌリ党議員との電話で一蹴したという。匿名を求めたセヌリ党議員は、金室長が電話で今回の事件の概要を説明した後、「市中に出回るチラシ水準の情報を公式文書に入れて報告するのを見て、どのようにこれ以上仕事をさせることができるだろうか」とし「私のラインで黙殺し、文書作成者を(青瓦台勤務から)やめさせる」と話した、と伝えた。別の議員との電話ではチョン・ユンフェ氏をめぐる国政介入疑惑攻防などについて、「あたかも幽霊を相手にしているようだ」という話もしたという。

青瓦台の関係者は「(チョン・ユンフェ氏と趙応天前秘書官らが)なんとか自分たちは助かろうということばかりに焦点を合わせているようだ」とし「金室長が青瓦台を揺さぶる勢力を“幽霊”と表現するのは余程のことだ」と話した。これを受け、青瓦台は検察の捜査でこうした立場を積極的に陳述する方針を決めたという。疑惑が繰り返し拡大されるのを早期に遮断するべきと判断したということだ。

一方、「チョン・ユンフェ氏が文化体育観光部(文体部)の人事に介入し、朴大統領がチョン氏関連業務を引き受けた局・課長の交代を直接指示した」という報道に対し、文化体育観光部は「局・課場級人事は文体部長官の固有権限。事実ではない」と明らかにした。文化体育観光部は大韓乗馬協会に対する監査に関しては、「昨年5月、不公正な判定でテコンドー選手の父が自殺した後、体育界の不正や不条理に対するメディアの指摘と体育改革に対する要求があふれた」とし「体育界の“非正常の正常化”レベルで総合的な監査に着手することになった」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    大統領秘書室長「チラシ水準の情報なので黙殺」=韓国

    2014.12.04 09:55
    뉴스 메뉴 보기
    金淇春(キム・ギチュン)大統領秘書室長
    TOP