주요 기사 바로가기

韓国検察、地下経済勢力「第3世代」暴力団345人を拘束

ⓒ 中央日報日本語版2014.12.02 15:28
0
韓国検察は最近知能化しているいわゆる「第3世代」組織暴力団に対し、大々的な取り締まりを行い合計345人を拘束したと2日、明らかにした。

検察は最近、犯罪手法が多様化・知能化している暴力団を「第3世代」と呼び、金融市場で違法営業したり射幸産業に進出して地下経済を拡張させたりしたこれら暴力団の摘発に注力していた。

第3世代組織暴力の代表的事例が大田(テジョン)の地域組織員などが介入した違法先物サイトだ。また、貸金業を行う中で上場企業を買収して会社の資金を横領した事例もあった。

検察は暴力団が関与した1223億ウォン(約130億円)台の違法先物市場開設事件で50人を摘発するなど、金融市場などに進出して421億ウォン相当の不当利益を得た暴力団員101人を確認し、そのうち40人を拘束した。

検察は組織暴力利権が介入した違法賭博場などを根絶するために射幸行為事犯263人を拘束した。これに関連し、摘発した地下経済だけで1兆7682億ウォン規模に達することが分かっている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP