주요 기사 바로가기

俳優リュ・シウォン、離婚調停泥沼に…訴え訴えられの裁判攻防

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.11.27 16:37
0
俳優リュ・シウォンが妻チョさんを相手取り起こした裁判が予定より長くなっている。

27日午後2時、ソウル中央地裁ではリュ・シウォンが妻チョさんを相手に起こした偽証容疑2次公判が開かれた。午後1時40分ごろ、先にリュ・シウォンが法廷入りしその10分後にチョさんが法律代理人と共に姿を現した。その後始まった公判で判事は「リュ・シウォン側が非公開裁判を要求した」として5分間休廷を宣言した。休廷終了後、この判事は「今回の公判が公開される場合、善良な風俗を阻害する可能性があるので審理を公開しない」として証人や被告人、法律代理人を除いた傍聴人に退廷を命令した。その後非公開公判が行われたが、予定された時間を超過し、廊下で待機していた次の公判(午後2時30分予定)の参席者が抗議する場面もあった。午後3時になると、裁判所関係者は「リュ・シウォン公判の証人に対する審理が長くなった。しばらく中断し、他の公判を先に進める予定」と伝えた。

先に行われた公判で証人として参加したチョさんは夫リュ・シウォンから暴行を受け、位置情報を不当に追跡されて被害を受けたと証言した。また、リュ・シウォンが家庭を顧みず家長としての責務を果たさなかったと主張した。リュ・シウォンは公判直後、チョさんを偽証容疑で告訴していた。

リュ・シウォンとチョさんは2010年10月に結婚して翌年1月に娘をもうけた。しかし、結婚して1年5カ月経った2012年3月、チョさんが離婚調停申請を出して結婚生活は破綻を迎えた。1年ほど行われた訴訟は調停不成立で2013年4月から正式裁判として行われることになったが、その後再び調停へ持ち越された状態だ。その間、チョさんはリュ・シウォンを暴行および脅迫などの容疑で告訴した。原審裁判所はチョさんに対する暴行や脅迫、位置情報収集容疑が認められるとして有罪に判決を下し、罰金700万ウォン(約74万円)を言い渡した。リュ・シウォンは最高裁まで上訴したが、結局有罪判決をひっくり返すことはできなかった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    俳優リュ・シウォン、離婚調停泥沼に…訴え訴えられの裁判攻防

    2014.11.27 16:37
    뉴스 메뉴 보기
    俳優リュ・シウォン
    TOP