주요 기사 바로가기

【社説】「アイマウス」補助工学、弱者配慮であり新産業=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.11.26 11:22
0
ルー・ゲーリック病のような筋肉神経病の患者は、全身が硬直して手足を動かせない。精神に問題ないが、人々と意思疎通できない精神的な監獄に閉じ込められて生きる。大多数の筋肉神経病患者も瞳の筋肉は生きている。障害者が瞳を動かしてコンピュータを操作できるようにする補助機器が「アイマウス」だ。これまでこうした優しい機械が普及できなかった理由は2つだ。機器の認識能力が落ちて使いにくかったのが最初の理由だ。別の理由は、庶民層には思いもよらないほど高価(1台あたり1000万ウォン)という点だ。

昨日、サムスン電子がこうした問題を解決したアイマウスを自主開発して披露した。認識の正確度が高く、価格が5万ウォン(約5000円)台というものだ。サムスン電子は、社会的弱者層には無料で普及させてベンチャー企業に技術を公開すると明らかにした。障害者や高齢者らが独立した生活を可能にする技術的アプローチ方式を「補助工学」と呼ぶ。世界の一流企業は自身の技術力量を補助工学に注ぎ込んでレベルの高い社会還元をする。マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツは数多くの補助機器の開発の後援者として有名だ。

韓国企業は企業の規模に比べてこうした「技術還元」にケチな方だった。直接的な救護事業には先進企業に劣らず支援をしながらも身体的・精神的障害を克服できるように助ける「あたたかい」技術開発には視線を転じなかった。今回のサムスン電子のアイマウスの開発と普及が韓国の補助工学の先進化の契機になるように願う。

合わせて補助工学産業にも注目しなければならない。補助機器産業の世界市場規模は120兆ウォン以上と推定される。このうち米国が40%以上を占めてドイツ・スウェーデンが後に続いている。アジアでは日本と台湾にだけ車いすをはじめとする移動機器を中心に産業が形成されている。重厚壮大な産業で限界に至った韓国企業が関心を持つべき新たな成長分野だ。超高齢化の傾向は必然的に補助機器の欲求を上昇させることになるだろう。1998年に補助工学法を制定した米国のように、補助機器の活用を支援して関連産業を振興する法律の制定も検討するに値する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP