주요 기사 바로가기

ぐらつく電子・自動車銘柄、上位10社の株式時価総額20兆ウォン減る

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.11.25 08:56
0
わずか1年間で韓国証券市場の時価総額上位10位の企業が多く入れ替わった。韓国取引所が24日に明らかにしたところによると、11月20日基準で9社が1年前と現在ともに10位以内に入った。最近新たに上場したサムスンSDSが新規で4位に入っただけだ。だが、順位と内容は大きく変わった。1年前には時価総額202兆ウォン(約21兆4418億円)のサムスン電子の位置づけは独歩的だった。だが、同社は今年に入り株価が大きく下がり、時価総額は178兆ウォンに縮小した。また、現代(ヒョンデ)自動車、現代モービス、起亜(キア)自動車の自動車関連3社の萎縮が目立った。現代自動車は2位を維持したが時価総額は52兆ウォンから36兆ウォンに30%ほど減った。8位だった起亜自動車は10位圏外に押し出された。昨年9位だった韓国電力は今年5位に跳躍した。時価総額上位10社の時価総額は昨年の451兆8000億ウォンから今年は431兆2000億ウォンで4.57%減少した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP