주요 기사 바로가기

韓国野党議員「アベノミクス失敗を教訓にチョイノミクス見直すべき」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.11.24 15:59
0
新政治民主連合の丁世均(チョン・セギュン)議員は24日、「チョイノミクス(崔ギョン煥経済副首相の経済政策)はアベノミクスの失敗を教訓にして、全面的に見直すべきだ」と述べた。

丁議員はこの日、国会で開かれた新政治連合非常対策委員会議で、「日本の安倍首相がアベノミクスの失敗を隠すために任期の半分も過ぎていない衆議院を先週解散した」とし「2四半期連続でマイナス成長を見せるなどアベノミクスに対する市場評価は絶望的レベル」と述べた。

続いて「アベノミクスと軌を一にするチョイノミクスも落水経済から噴水経済に方向を転換しなければならない」とし「大企業の規制緩和に没頭するのではなく、中小企業の生かす政策で所得再分配を強化し、経済民主化の土壌を作らなければいけない」と主張した。

丁議員は安倍首相が衆院解散カードを取り出した理由について「代案野党の不在」と指摘した。丁議員は「代案野党の不在は国家的にも大きな不幸」とし「新政治連合は代案政党として国民の信頼を取り戻し、政権継承政党として定着しなければならない」と強調した。

世界の量的緩和基調については、「多くの国が通貨供給に参加し、韓国がサンドイッチ状態となった。構造改革が後に続かない量的緩和は敗北カード」とし「韓国は奇襲的な量的緩和に付和雷同せず、腐敗・不公正の追放、生活費を減らす政策の施行、低所得層の福祉拡大など管理型の基調に一大転換しなければいけない時点」と指摘した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP