주요 기사 바로가기

238・266・317…安倍首相の政治運命かかる数字

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.11.24 08:46
0
来月14日に行われる日本の総選挙を控えて、専門家たちは「今回の選挙の観戦ポイントは3つの数字」と分析した。最初は238。総議席数475議席の過半数に該当する数字だ。与党が政権を維持できる最低基準だ。安倍晋三首相は「自民党と連立与党の公明党を合わせて238議席を得られなければ退陣する」と話した。与党の国会解散前の議席は326議席。野党が与党の88議席以上を取らなければならないが、現在ではその公算が大きくない。

2番目は266。与党がすべての常任委の委員長を掌握して、委員も過半数を占めるのに必要な議席数だ。日本の政界で「最も現実的な勝敗基準」と呼ばれる数字だ。連立与党である公明党の場合、現議席(31議席)から大きく膨らんだり減ったりする公算は低い。したがって自民党は235議席前後を占めれば与党で計266議席の達成が可能になる。解散前の自民党議席は295議席。単純計算で自民党の議席減少が60議席以内かあるいはそれ以上かによって勝敗が交錯する展望だ。この数字を死守できなければ「安倍責任論」が大きくなる可能性がある。

最後は317。衆議院の総議席の3分の2に該当する。憲法改正発議に必要な議席数だ。衆議院と参議院がそれぞれ総議席の3分の2以上が改憲を発議すれば、改憲の有無が国民投票にゆだねられることになる。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP