주요 기사 바로가기

韓国の人材管理ランキング、40位に下落

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.11.23 10:22
0
韓国の人材管理ランキングが40位圏に下がった。2007年以降で初めてだ。

スイスの国際経営開発院(IMD)が20日に発表した「世界人材レポート」で、韓国は評価対象60カ国のうち40位となった。

トップはスイスで、アジアではマレーシアが5位で最も高かった。スイスは2007年から8年連続でトップの座を守っており、マレーシアは昨年の9位から4段階上昇した。

報告書は統計と23項目のアンケート調査を通じ、各国が企業に必要な人材を育成し海外から誘致する能力を数値化して比較した。

韓国は細部項目では労働力増加率が18位、教職員教育が22位など高い評価を受けたが、学生当たり教師の割合(初等50位、中等52位)、生計費指数(53位)などでは点数が低かった。

韓国の人材管理順位は2008年から30位台で推移し、2007年以降では初めて40位台に落ちた。

アジア太平洋ではマレーシアのほかシンガポールが16位、オーストラリアが19位と上位に入った。

特にマレーシアは教職員教育拡大と専門人材の増加、大学教育と語学能力での向上などで高い順位を占めた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP