주요 기사 바로가기

<サッカー>韓国・イラン戦ゴールの誤審論争…専門家の意見も分かれる

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.11.20 09:33
0
サッカー韓国代表のシュティーリケ監督(60)は18日、イラン代表との親善試合が終わった後、「誤審によるゴールは容認できない」と声を高めた。

後半37分、イランのアズムンが韓国のGK金鎮鉉(キム・ジンヒョン)と接触した状況でヘディングで押し込んだが、これは明白なファウルチャージという主張だった。ところがウズベキスタン出身の主審はファウルを認めずイランのゴールを認めた。

では、この日の判定は誤審なのだろうか。孫興民(ソン・フンミン)は「最後に審判に試合をつぶされた」と主張した。シュティーリケ監督も「主審と副審が大きな誤審を犯した」と述べた。しかしイランのケイロス監督は「誤審という主張はシュティーリケの考えにすぎない。きれいなゴールだった」と反論した。

サッカーファンもイランのゴール場面をめぐり甲論乙駁している。専門家の主張も分かれる。クォン・ジョンチョル国際サッカー連盟(FIFA)審判監督官は「明白なファウルチャージ」と語った。クォン監督官は「誰が位置を先に獲得したかがカギだ。スローで見ると、金鎮鉉の手が先にボールをつかんだ。アズムンが頭でボールを押し込みながら身体的な接触があったのでファウルチャージ」と説明した。

一方、パク・ムンソンSBS解説委員は「イランのゴールが正しい」と主張した。パク委員は「ボールが左右のゴールポストに当たってこぼれた。金鎮鉉が先に完全に位置に入ったわけでもなく、両手でボールを完全に捕球したわけでもなかった」とし「GK金鎮鉉がボールを所有した状態ではなく、両選手がボールを争う状態だった」と説明した。アズムンと金鎮鉉が公正にボールを競り合ったという意味だ。

ただ、2人の専門家とも「GK保護エリア」という言葉は誤って知られているサッカー常識だと説明した。クォン監督官は「GKを保護するために作られたエリアはない」と強調した。パク委員も「ゴールエリアでGKとフィールドプレーヤーのボールの競り合いが不可能なのではない。手を使えるGKより不利なフィールドプレーヤーが無理に駆け寄ってファウルが発生する」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP