주요 기사 바로가기

なぜiPhoneなのか=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.11.19 13:24
0
先月31日、明洞(ミョンドン)や江南(カンナム)などソウル各地の携帯電話販売店には傘を差した人たちの行列が400メートル以上続いた。ある40代の男性は3日間にわたり携帯電話販売店前に並んだ。端末器流通構造改善法が定めた補助金上限の最大34万5000ウォンが一時崩れたりもした。すべてiPhone6ために起きた現象だ。2009年にKTが「iPhone3」を韓国で初めて販売してから、こうした「iPhoneマニア」現象は6年にわたり毎年繰り返される行事だ。独善的に現われる高価格政策、排他的なアプリケーション、相対的に低い仕様、依然として不便なアフターサービスでもこのようにiPhoneに対する消費者の愛情が冷めなかった理由は何か。

これに対し韓国国家代表級スマートフォンであるギャラクシーは中国など海外市場で少なからず苦戦している。そこで中央日報はiPhone6、iPhone6プラスが韓国で発売された直後から約3週間にわたり一般人と専門家グループ11人を対象にサムスンのギャラクシーとアップルのiPhoneの違いを尋ねるパネル調査を実施した。

弁護士、会計士、学生など一般消費者だけでなく、ITトレンドに明るい外資系IT企業(セキュリティソリューション)代表、移動通信会社社員、IT専門紙記者にもギャラクシーとiPhoneの違いを尋ねた。技術と機能比較だけでなく、イメージのような主観的で感性的な要因も深層的に質問を投げかけた。

パネル調査の結果、プレミアムスマートフォン市場ではアップルが独歩的な位置を占めているという意見が多かった。

40代のPR会社代表は、「アップルは1980~1990年代にマイクロソフトとIBMの連合軍に押され生き残り自体が不透明だったPC時代からマッキントッシュを基にマニア市場を作るのに見識があった。マッキントッシュと一体型PC、iPodまでアップルはマスマーケット(大衆市場)の代わりに高級化戦略で市場で生き残った」と説明した。ある30代の会社員は「アップルのイメージ戦略に消費者が引きつけられているだけ」との意見を出した。

専門家パネルはアップルとサムスンのスマートフォン製造戦略に大きな違いがあると指摘した。

アップルはそれぞれの部品と基本ソフト(OS)の間の「最適化」に力を入れるのに対し、サムスンは製品仕様を「最大化」するのに重点を置いているということだ。

ある外資系IT企業代表は、「アンドロイドで動くギャラクシーはウィンドウズのPCを使うように段々と速度が遅くなる。iPhoneは2年使っても製品の駆動にほとんど差がない」と話した。パネルとして参加した法律事務所所属の弁護士は、「ギャラクシーノート3とiPhone5Sを一緒に使っているが、ギャラクシーは起動やアプリ実行速度が相対的に遅い。そこで急いでショートメッセージや写真を送る時はiPhoneを使うことになる」と答えた。

◇仕様・スペックが製品決定要因ではない

サムスンの最大化戦略とアップルの最適化戦略は部品を開けてみれば明確に現れるという回答もあった。例えばギャラクシーノート4には一般高画質(HD)画面より約4倍鮮明なクアッドHD(1440×2560)ディスプレー、64ビットプロセッサだけでなく、1600万画素カメラ、3ギガバイト(GB)RAMなど最高仕様の部品が搭載されている。これに対しiPhone6とiPhone6プラスはいまだに1ギガバイトRAMを固守している。

カメラの画素数もiPhone6はギャラクシーノート4の半分ほどである800万画素にすぎない。だが、単純にピクセルが多いからと写真がよく撮れるというものではないというのが大体の意見だった。ある40代の写真家は、「写真は画素数よりも写真を撮る瞬間の手の震えや光をどれだけ多く取り込むかなどが品質を左右する」と説明した。現代カードのチョン・テヨン社長も自身のフェイスブックを通じ、「写真はレンズ×センサーの大きさ×画素数×アルゴリズムの結果」とし、「イメージセンサーに過度に多くの画素を盛り込めばむしろ写真の質はますます落ちるが、スマートフォンマーケットは画素数競争ばかりしている」と指摘した。
なぜiPhoneなのか=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    なぜiPhoneなのか=韓国(1)

    2014.11.19 13:24
    뉴스 메뉴 보기
    iPhone6(左)、ギャラクシーノート4
    TOP