주요 기사 바로가기

ロッテ会長「今年は最も困難な時期だった」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.11.19 10:59
0
ロッテグループの辛東彬(シン・ドンビン)会長(59)が「今年は経営の一線に出てから最も困難な時期として記憶される」としながら「片一方では私たちのあり方についてたくさん反省した時期だった」と話した。ソウルロッテワールドモールで18日開かれたロッテグループ2014下半期社長団会議からだ。

ロッテグループは今年の念願事業だった第2ロッテワールドモールの早期オープンを実現したが、安全性議論に包まれて大変な苦労をした。年初にはロッテホームショッピングの納品不正事件が起きて、世間からの強い批判も受けた。「困難な時期」を送ったのだ。

辛会長はこれを意識したように孟子に出てくる「清斯濯纓濁斯濯足」という文を引用することもした。水がきれいなら冠のひもを洗い、濁れていれば足を洗うといったように、冠のひもを洗う水になるか足でも洗うような濁った水になるかは自分次第だという意味だ。今年一年、対内外的にどんどん高くなったロッテグループへの関心も、やはり自ら招いたものであるだけに、問題の原因を外部に回さずにグローバルトップ企業にふさわしい社会的地位とイメージを備えていこうとの趣旨だ。

辛会長はまた最近推進中のオムニチャンネル(Omni-Channel)に言及して「従来の事業の脅威になるアイテムや事業があるならば、その事業を最優先に受け入れる」としながら「それがまさに変化と挑戦」と話した。彼は「オムニチャンネルを成功させれば、アマゾンのようなグローバル流通企業にも負けない十分な競争力を備えることができる」とも言った。辛会長は今年初めから消費者がオフライン(店舗)とオンライン(インターネットショッピングモール)を行き来して容易にショッピングできるようにするオムニチャンネル構築を強調している。

全世界的に困難を経験している化学部門については「ロッテはすでに3年前にシェールガスに関心を持って動向調査を始めており、今年、アキシアル(Axiall)と合作契約を締結した」として「私たちの先制的な対応が競争力の強化につながった」と評価した。これと共に辛会長は「来年も市場環境は大きく良くならない」としながら「持続可能な成長のために2015年は収益中心の経営のために努力してほしい」と要請した。

この日、社長団会議には42のグループ系列会社の代表ら約60人が参加した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ロッテ会長「今年は最も困難な時期だった」

    2014.11.19 10:59
    뉴스 메뉴 보기
    辛東彬会長(59)
    TOP