주요 기사 바로가기

「北、数年内にソウル打撃の核ミサイル保有…THAAD借りてでも配備すべき」(1)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2014.11.18 10:29
0
米国が開発した高高度ミサイル防衛体系サード(THAAD)、これと連動するXバンドレーダーの韓国導入をめぐり、国内外で論争が起きている。軍はしだいに精巧になる北朝鮮の核ミサイル脅威を防ぐため、導入が避けられないと主張する。1つの砲台の価格が約1兆ウォン(約1060億円)のサードを導入しなければならないほど、北朝鮮のミサイルが脅威的なのかどうか確認されていないという反論も多い。さらにサードは平壌(ピョンヤン)でなく北京を狙った米国の新兵器だという中国の反発も韓国の悩みを深める。専門家はまず韓国の国益のために考慮すべきことが何か明確に決め、これを基盤に外交戦略を立てるべきだと口をそろえる。サード導入に賛成する千英宇(チョン・ヨンウ)峨山政策研究院顧問に意見を聞いた。

「サード論争での核心は韓国の安保だ。北の脅威を防ぐためにサードや同級のミサイル防衛網が必要なら、その他の考慮はありえない。米国から借りてでも至急に導入しなければいけない」。

李明博(イ・ミョンバク)政権で青瓦台(チョンワデ、大統領府)外交安保首席秘書官と外交部次官を務めた千英宇(チョン・ヨンウ)顧問の立場は明確だ。千顧問は「サード導入に反対する人たちは国家の安保を考慮せず非科学的な主張ばかりしている」と指摘した。中国の反発についても「主権国家である韓国の自衛権に干渉するのは我々を冒とくすることであり、沈黙することで免罪符を与えてはいけない」と強硬対応を注文した。

◆北のミサイルは低級だが、核が問題

--なぜサードが必要なのか。

「北の通常のミサイルは1発あたり平均死傷者が10人にもならない低級だ。しかし北がこのミサイルに核兵器を搭載する危険性が高いというのが問題だ。一発も韓国に落ちることがないようにしなければいけない。ミサイル発射前にほとんど破壊しなければならず、それでも逃したものをミサイル防衛網で防がなければいけない」

--中国の反発を理由に導入に反対する意見が多い。

「サードは中国の反発ではなく、北の核に対して大韓民国を防御するのにどれほど効果的かを考えて導入を決める問題だ。サードやそれと似た性能の高高度ミサイル防衛網が必要な理由は、北が核弾頭をノドンミサイルに搭載する可能性が最も大きいからだ。核兵器搭載能力はミサイルの直径が重要となる。ノドンのように直径が大きければ核弾頭搭載が容易である半面、スカッドのように直径が小さいミサイルに核弾頭を搭載するには非常に精巧な小型化技術が必要となる。核実験を3回しただけの北の技術レベルで最も適している運搬手段はノドンミサイルだ。ノドンはグアム・沖縄の米軍基地や日本も脅かす。ノドンは高高度で速く飛んでくるという特性がある。こうした前題で我々がミサイルを防ぐシステムをデザインしなければいけない」

--どんな防衛網をデザインするべきか。

「45度の角度でノドンミサイルを発射すれば高度は射程距離の4分の1ほどだ。すなわち目標地点までの距離が400キロなら、ミサイルの高度は100キロ、距離が600キロなら高度は150キロとなる。韓国が導入中のPAC3級は高度40キロまでしかカバーできない。これでは高高度で発射されたノドンミサイルを防ぐのに明らかに限界がある。これに対しサードは高度40-150キロ級のミサイル攻撃を防ぐことができる。これを開発したり開発まで時間がかかる場合、外国のものを借りればよい。ただ、ミサイル防衛網は二重でしなければいけない。サード級でほとんどカバーし、逃したものは低高度防衛網のPAC3で防ぐ。PAC3さえあれば、北のミサイル20発を防ぐのにミサイル50発が必要だが、サードとPAC3を結合すれば32発ほどのミサイルで防ぐことができる。韓国が開発中の高高度防衛網I-samは40キロから70キロまでが目標だが、実戦配備までにはさらに10年かかるだろう。その間、北が核ミサイルで攻撃してくる可能性に備え、米国のサードを借りてでも空白を埋めなければいけない。最近、米国が韓国に配置を考慮中と明らかにしたサードは在韓米軍基地だけを守る用途だ」 (中央SUNDAY第401号)


「北、数年内にソウル打撃の核ミサイル保有…THAAD借りてでも配備すべき」(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「北、数年内にソウル打撃の核ミサイル保有…THAAD借りてでも配備すべき」(1)

    2014.11.18 10:29
    뉴스 메뉴 보기
    高度40-150キロで敵の弾道ミサイルを迎撃する米国の高高度ミサイル防衛体系サードの試験発射場面。(写真=ロッキード・マーチン)
    TOP