주요 기사 바로가기

<映評賞>主演男優賞のチェ・ミンシク「その方の前で限りなく恥ずかしかった」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.11.14 16:32
0
映評賞で主演男優賞を受賞した俳優チェ・ミンシクの感想が話題になっている。

チェ・ミンシクは13日午後、ソウル銅雀区(トンジャクク)アートナインで開かれた第34回韓国映画評論家協会賞(映評賞)授賞式で映画『鳴梁』で主演男優賞を受賞した。

チェ・ミンシクは受賞直後「数値的や外形的からみたとき、多くのことを成し遂げた。しかし(撮影する間はずっと)とにかく恥ずかしく、胸の奥深くに心の傷がずっとあり苦痛だった」と話し始めた。

続いて「(李舜臣将軍は)小学校のころから小雨に濡れた服のように、耳にタコができるくらい繰り返し聞いた方だ。大将船の執務室で、苦悩のあまりロウソクに火を灯して座った。『一度だけでも会わせてほしい』とその方に願った。なぜ戦ったのか、その方の眼差し、髪の毛を見たいという気持ちが切実だった。無謀で呆れた我を張ったのか、今でも不思議だ」と打ち明けた。

チェ・ミンシクは「それだけ人間として、軍人として、父親として、息子としてあまりにも偉大な方の前で凄絶に崩れ落ちた。その方の無応答はもう一度私を呼び覚ますきっかけとなった。頑張るとはいったものの、とうてい及ばないことだった。想像力に依存しなければならなかった」とし「自分自身のことを振り返り心機一転する契機になった。苦痛だったが意味ある作業だった」と話した。

チェ・ミンシクは鳴梁大捷を素材にした映画『鳴梁』で忠武公李舜臣(イ・スンシン)役を熱演した。評壇から「本当に李舜臣将軍が生き返ったようだった」と絶賛されるほど完ぺきな李舜臣像を描き出し、歴代ボックスオフィス興行1位記録(累積観客数1760万9019人、映画振興委員会映画館入場券統合電算網基準)の樹立に貢献した。

一方、今年で34回を迎える映評賞は、韓国映画評論家協会全体会議を通じて受賞作が決められた。司会は俳優パク・チョルミンとキム・ギュリが務めた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <映評賞>主演男優賞のチェ・ミンシク「その方の前で限りなく恥ずかしかった」

    2014.11.14 16:32
    뉴스 메뉴 보기
    俳優チェ・ミンシク
    TOP