주요 기사 바로가기

現代自動車、モデル拡大でエコカー市場世界2位を目標に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.11.13 09:26
0
現代・起亜自動車が6年以内にエコカー市場で世界2位になるという目標を掲げた。現在は5位だ。このために現代自動車グループは現在7モデルのエコカーを2020年までに22モデルに増やすことにした。6日に平均燃費を2020年まで現在より25%向上させると発表したのに続く現代・起亜自動車の2番目の「2020ビジョン」だ。

現代・起亜自動車の「エコカー2位」プロジェクトの始まりはハイブリッドだ。最も現実的な代案でありすでに一定水準の技術力を確保した状態のためだ。両社は現在「ソナタ」「グレンジャー」「K5」「K7」でそれぞれハイブリッドモデルを販売している。来月には新型「LFソナタ」のハイブリッドも出る。ここに2020年までに8モデルを追加し合計12モデルでハイブリッドモデルを作る方針だ。

現代自動車関係者は12日、「現在の中大型モデル中心のハイブリッドカーを小型車からスポーツ多目的車(SUV)に拡大するもの。消費者が車両の大きさと種類に関係なくハイブリッドモデルを選択できるようにするのが目標だ」と話した。コンセントを差して充電するプラグインハイブリッド市場にも進出する。来年投入する「ソナタ・ハイブリッド」をはじめ準中型モデル中心にプラグインハイブリッドを増やす計画だ。電気自動車は1回の充電で走れる最大走行距離拡大に研究開発を集中する。水素燃料電池自動車は「ツーソンix」で世界初の量産を開始したという先取り効果を最大化する方針だ。

現代・起亜自動車のエコカー拡大戦略は将来の生き残りをかけた避けられない選択だ。現在220万台水準であるエコカー市場は急激に成長している。市場調査機関のIHSはエコカー市場が2020年には現在の3倍水準の636万台規模になると予想する。だが、1~10月の米国電気自動車販売20位圏に韓国ブランドは見つからない。米国のハイブリッド市場でも現代・起亜自動車のシェアは7%でトヨタの63%を大きく下回る。

最初の勝負はハイブリッド市場での成功だ。各国は平均燃費を基準として自動車環境基準を強化する傾向だ。中大型車の割合が大きいゼネラルモーターズ(GM)は小型車の割合を2010年の7.7%から2014年の15%に増やすなど問題を簡単に解決できる。現代・起亜自動車の小型車の割合は米国市場基準で44.5%に達する。根本的な技術力を高めなくては解決法がないわけだ。不可能なことではない。BMWは燃費基準をクリアできず米国に20年間罰金を払い続けた。しかし2007年に直噴射エンジン、軽量化などを通じ燃費を画期的に改善した。国民大学ホ・スンジン自動車融合大学長は、「エコカーモデルの強化は世界の自動車市場を先取りするための最も重要な競争力だ。初期企画段階からすべての力を集中する集約化戦略が伴ってこそ成果を出すことができるだろう」と話した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP