주요 기사 바로가기

【時視各角】韓日FTAが竜の目だ(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.11.13 08:25
0
人の脳は初めて得た情報を後に得た情報よりもよく記憶する。その結果、後ほど接した情報は最初の情報がどういうものかによって大きく左右される。最初の情報が間違って入力されれば、本当のことでも信じなくなる理由だ。心理学では「初頭効果(primacy effect)」というが、白紙には先に描く者が主ということだ。

韓日自由貿易協定(FTA)に関連し、私にとって初頭効果は康奉均(カン・ボンギュン)元財政経済部長官だ。2003年秋に彼は寄稿した。韓日中FTAの意味と効果を整理した文章だった。要旨はこうだ。「韓中、韓日FTAが我々の生きる道だ。韓日、韓中はFTAができても日中はできない。両国国民の間隙は我々よりはるかに広くて大きい。我々が中間で日中をつなげば北東アジアが平和に繁栄できる。それが経済はもちろん、外交・安保にも最善だ」

この時から康奉均の韓日中FTA論は詩人キム・チュンス氏の詩句のように「私に近づいて花になった」。康奉均は金大中(キム・デジュン)政権の経済首席秘書官を務めた。韓日FTAは1998年に日本を訪問した金大中大統領が初めて話した。当時、金大統領は「21世紀新韓日パートナーシップ計画」の冒頭で、韓日FTAを取り上げた。康奉均は当時、金大統領と韓日FTAについて深く共感し、時間が経過すると、これを「韓日中FTA北東アジア平和繁栄論」に拡大再生産したのだろう。

私は以前から「康奉均初頭効果」を抜け出してみようとしたが、うまくいかなかった。韓日中FTAが話題になるたびに私は彼に尋ねた。「まだ韓日中FTAが答えなのか」と。彼の返答はいつも「そうだ」だった。10年ほど歳月が流れ、韓日中の政治・経済・外交地形が大きく変わったが、むしろ彼の韓日中FTA論はさらに強まった。韓中FTAが妥結した翌日の11日、私はまた彼に電話をした。数カ月の病苦のため声に力がなかったが、彼の返答はやはりそうだった。
【時視各角】韓日FTAが竜の目だ(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP