주요 기사 바로가기

中国少林寺に挑む…韓国・茂朱テコンドー院が挑戦状

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.11.12 14:19
0
1/2
テコンドー院はテコン宗主国として韓国の地位と正統性を高める象徴寺院だ。全世界の修練人の「体・仁・智」を治めるテコンドーの聖地としても注目される。(写真提供=テコンドー振興財団)
リーブラザーズ(Lee Brothers)はロペス(Lopez)一族と共に米国で広く知られているテコンドー一家だ。7男1女中次男のイ・ヒョンゴン師範(67)が1976年に渡米してテコンドー道場を開いて成功して以来、兄弟5人が合流して6兄弟がテコンドーで一家を興した。全世界80カ所余りにテコンドー道場を運営しているリーブラザーズが40年間で輩出した弟子は10万人以上にのぼる。彼らは本業であるテコンドー教育の他に、地域社会奉仕と慈善活動にも積極的に参加して「米国テコンドー界のグランドマスター兄弟」として尊敬を受けている。

リーブラザーズ6兄弟中4人が今月6日、家族や弟子など90人余りと共に来韓した。8泊9日の日程で韓国を訪れた彼らは、すぐに全羅北道茂朱(チョルラブクド・ムジュ)へ向かった。テコンドーの本山でありその象徴物として最近開院したテコンドー院を訪問するためだ。8日、テコンドー院で会ったイ・ヒョンゴン師範は「米国の弟子らと韓国を訪れるたびに国技院を訪問したが、テコンドーの世界的な地位を表わす建物としてはさまざまな面で十分ではなかった」としながら「数日間留まって、規模や施設、サービス、教育プログラムなどを細々と見学したところ、テコンドー院が世界テコンドーの新しいハブとして遜色ないという結論を下した」と満足した。

テコンドー院は昨年8月の完工以降、8カ月間の準備期間を経て4月に開院した。第一歩目は成功だった。開院序盤にはセウォル号事件の影響で苦戦したが、7月を基点に訪問客が急増している。すでに国内外から14万人(10月基準)がテコンドー院の提供する各種教育プログラムを履修した。大部分はテコンドー修練生だが、一般観光客の比率も増加している。来年からは「テコンドー韓流」をテーマに、中国など海外観光客体験プログラムも稼動する。

テコンドー院の軟着陸は運営主体であるテコンドー振興財団の迅速な準備があったため可能だった。財団は完工を控えた昨年末から合理的な運営とマーケティングスキルの強化のために非常体制を敷いた。文化体育観光部次官出身のペ・ジョンシン財団理事長(62)をはじめ、100人近い職員が夜勤と週末特別勤務を厭わずに開院準備にまい進した。韓国内のテコンドー修練人を対象に積極的な顧客誘致活動に乗り出す一方、各種国際大会やテコンキャンプなどで人々を引き込む“ニンジン”を追加開発した。特色あるテコンドー服や記念品など、競争力があるマーチャンダイジング商品開発にも総力をあげた。

テコンドー院の競争相手は中国の少林寺だ。カンフーといえば少林寺が真っ先に思い浮かぶようにテコンドーと関連ない人々も一度は行ってみたいと思わせる名物に位置づけるのがテコンドー院の目標だ。

テーマパークの運営システムも熱心に学んでいる。基本精神を傷つけないで訪問客の満足度を最大化する方法を探るためだ。いつの日か、テコンドー院が家族客をめぐってエバーランドと激しく競争する場面がみれるかもしれない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP