주요 기사 바로가기

韓中FTA交渉が妥結…世界3大経済圏とFTA完成

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.11.10 11:18
0
韓国と中国の自由貿易協定(FTA)交渉が10日、劇的に妥結した。2012年5月に北京で第1次交渉を始めて2年6か月ぶりだ。韓国はこれで米国・欧州連合(EU)・中国という世界3大経済圏と全てFTAを締結することになった。

朴槿恵(パク・クネ)大統領と習近平・中国国家主席はこの日午前10時45分(日本時間)、北京人民大会堂で開かれた韓中首脳会談で交渉妥結を公式に宣言した。首脳会談の終了後には両首脳が見守る中で尹相直(ユン・サンジク)産業通商資源部長官と高虎城・中国商務相がFTA協定書に署名をすることになる。

尹長官と高虎城商務相をはじめとする韓中の交渉団は、この日明け方まで綱引き交渉を続けた。主な農水産物を超敏感品目に入れて関税撤廃の対象から除外しようとする韓国と、追加の開放を要求する中国が対抗した。それと共に交渉は朴大統領と習主席の韓中首脳会談が開かれる直前まで行われた。

両国首脳は交渉を終わらせたが、韓中FTAが実際に発効されるまでには越えなければならない山が多い。中国は韓国の最大輸出国であり輸入国だ。だからこそ国内産業に及ぼす影響も相当なものだ。FTAで被害を受けることになる農民団体などは交渉が熟すにつれ反対デモを相次いで行っている。韓米FTA准案を国会で通過させる過程では催涙弾が使われるなど深刻な混乱を経た。交渉内容によっては、韓中FTA批准案の国会通過も大きな痛みを避けられない展望だ。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)と政府は、批准案の通過と後続対策に万全を期するという計画だ。特に被害業種については補償策と共に競争力強化のための支援にも出る方針だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP