주요 기사 바로가기

<野球>阪神、来季は呉昇桓-藤川のダブルストッパー?

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.11.07 16:19
0
藤川球児(34)の獲得に向けて阪神が動いている。日本メディアは阪神の抑え投手をめぐり呉昇桓(オ・スンファン)と藤川が競争または共生すると見ている。

複数の日本メディアは連日、「阪神の藤川獲得」に注目している。阪神は藤川だけでなく中島裕之(32)の獲得にも動いていることが分かった。デイリースポーツは6日、「阪神が藤川に最高待遇をするのはもちろん、中島にも最大4年・12億円という大型契約を準備している」と報じた。

藤川は1999年に阪神に入団、2012年までの12年間、42勝25敗220セーブ、防御率1.77をマークした。2007年には日本プロ野球シーズン最多タイの46セーブをマークした。

藤川は2012シーズン終了後、2年総額950万ドルの待遇でシカゴ・カブスに入団したが、初年の2013年6月、ひじの手術でシーズンを終えた。今年8月に復帰したが、これといった活躍は見せられず、メジャー2シーズンで通算27試合、1勝1敗、防御率5.04という結果だった。

米国で評価が期待できない藤川は日本復帰を狙っている。藤川が阪神に復帰すれば、呉昇桓と抑え投手の座をかけて争うことになる。ダブルストッパーの可能性は相対的に低く、1人が固定の抑え投手になれば、もう1人はセットアッパーの役割をすると予想される。抑え投手の重心は呉昇桓側に傾きそうだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <野球>阪神、来季は呉昇桓-藤川のダブルストッパー?

    2014.11.07 16:19
    뉴스 메뉴 보기
    呉昇桓(オ・スンファン)
    TOP