주요 기사 바로가기

<セウォル号>兪大均被告に懲役3年…70億ウォン台の横領認定

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.11.06 11:43
0
1/2
セウォル号惨事家族対策委員会が5日午後、ソウル青雲孝子洞(チョンウンヒョジャドン)住民センター前の座込み場を撤収した。セウォル号遺族は朴槿恵(パク・クネ)大統領との面談を要求して76日間の座り込みを続けた。彼らは光化門(クァンファムン)広場の座込み場は当分の間維持し、国会座込み場は状況を見ながら撤収の有無を決めると明らかにした。
5日午後3時半、仁川(インチョン)地方裁判所413号法廷。裁判所の呼称に兪大均(ユ・デギュン)被告(44)が入ると場内が一瞬静まり返った。緑色の囚人服を着て入ってきた彼は、逮捕当時の長い髪を後ろに流したヘアスタイルはそのままだった。長い間の収監生活のせいか顔は憔悴して青白かった。両手を前で組んで謙虚な姿勢を取った彼は、時々手を握ったりひらいたりしながら緊張した様子もうかがえた。少し後に裁判所が「懲役3年を宣告する」と言うと肩をしばらく震わせていた。だが、すぐに淡々とした表情を浮かべて法廷を出て行った。

仁川地方裁判所の刑事12部(イ・ジェウク部長判事)はこの日、兪炳彦(ユ・ビョンオン、72、死亡)元清海鎮(チョンヘジン)海運会長の家族と側近に対する宣告公判で、大均被告に懲役3年の実刑を宣告した。これに先立ち検察は懲役4年を求刑していた。裁判所は「被告人は兪炳彦の息子だという地位を利用し、系列会社から商標権の使用料や給与名目で数十億ウォンを受けとって横領した」として「これによって被害会社の経営が悪化した点を考慮すれば厳しい処罰は避けられない」と明らかにした。

大均被告は2002年5月から昨年12月まで清海鎮海運など系列会社7社から73億9000万ウォンを受け取った罪で8月に拘束起訴された。裁判所は兪元会長の兄ピョンイル被告(75)と弟ビョンホ被告(62)にも懲役1年・執行猶予2年と、懲役2年をそれぞれ宣告した。兪元会長の側近でありノルンジャショッピング・錦繍院(クムスウォン)代表のタレント、チョン・ヤンジャ被告(73、実名キム・ギョンスク)には懲役1年・執行猶予2年が宣告された。彼らは横領・背任などの罪で起訴された。

裁判所はまた横領・背任などの罪で起訴されたビョン・ギチュン清海鎮代表(42)には懲役4年を宣告した。裁判所は「所在をくらましている兪元会長の次男・赫基(ヒョクギ)氏とキム・ピルベ元ムンジンメディア代表を除けば、ビョン被告が最も核心的な任務を遂行しており、厳しく処罰するほかはない」と明らかにした。この日の裁判で訪問販売会社タパンダのソン・グクビン代表(62)ら10人は執行猶予を宣告された。チャン・ジュンア仁川地方裁判所公報判事は「セウォル号事件と直接的な関連がないと判断される被告人の場合、会社に及ぼした被害などの犯行事実を基準として刑量を定めた」と説明した。

この日の裁判所には開廷1時間前から救援派の関係者ら250人余りが集まって大変な混雑になった。救援派信者は宣告が出るたびに涙を拭いたりため息をもらしたりしていた。セウォル号の犠牲者遺族はほとんど見られなかった。オ・ガムニョル元チェコ大使やパク・スギョン被告らに対する宣告公判は今月12日に開かれる。

一方、セウォル号惨事家族対策委員会はこの日、ソウル清雲洞(チョンウンドン)の座込み場を自主的に撤去した。遺族はセウォル号特別法制定のために朴槿恵(パク・クネ)大統領との面談を要求して青瓦台(チョンワデ、大統領府)近くの青雲孝子洞(チョンウンヒョジャドン)住民センター前で76日間の座り込みを続けた。対策委は記者会見で「私たちを冷遇した大統領にこれ以上、涙で哀願することはない」とも明らかにした。対策委はこの日、清雲洞からは撤収するが光化門(クァンファムン)広場の座り込みは継続することにし、国会本庁前の座り込みは今週末の国会の状況を見ながら撤収の有無を決める計画だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP