주요 기사 바로가기

2NE1のCL、米国進出注目の理由…「ファッション・音楽・パフォーマンス」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.11.03 11:30
0
グループ2NE1のCLの米国市場進出が本格化した。

世界的な音楽プロデューサーのスクーター・ブラウンは1日(日本時間)、自身のホームページのメイン画面にCLの大型写真を載せて「SBプロジェクトファミリーにようこそ!CL(WELCOME TO SB PROJECTS FAMILY!CL)」というコメントを出した。スクーターブラウンは、CLが自社の所属歌手になったことを公式に発表したのだ。

実はCLの米国進出は予想された手順だった。これまで米国の音楽市場と有力メディアは2NE1の音楽と動向に注目してきた。特に2NE1のリーダーであり東洋人では簡単に見られなかったラップや歌を自分らしいスタイルでこなすCLへの関心は大変なものだった。海外で見るK-POPの典型的なスタイルから抜け出して、独特の魅力を持つ女性歌手という評価を受けてきた。

海外メディアの注目度も高かった。2月に米国音楽専門サイトのポップダストは2NE1の2ndアルバム『CRUSHU』に収録されたCLのソロ曲『メンブン(メンタル崩壊、MTBD)』について「幻想的なスワッグが感じられるラップの実力を誇り、昨年発表したソロ曲『THE BADDEST FEMALE』と雰囲気は似ているがエネルギーにあふれている」と称賛した。また4月にはビルボードが2NE1のデビュー5周年に合わせて「必ず見るべき2NE1のプロモーションビデオトップ5」を挙げて大々的に報道し、2NE1とCLへの高い関心を見せたことがある。

CLに対する米国市場の関心は、単に音楽だけではなかった。CLのファッションやスタイルにも格別な関心を見せていた。6月にカルチャー雑誌『Dazed&Confused』は、「CLはK-POPスタイルのリアーナなのか」という記事で、CLのファッションを集中的に紹介した。このマガジンは「CLは140万のインスタグラムフォロワーから集中的な関心を集めているK-POPの偉大なファッショニスタ」として「彼女はジェレミー・スコットのミューズとしてプロモーションビデオの中でシャネルやベルサーチ、ルブタンなどを身につけて出てくるが、彼女をただ美しい女性のイメージ以上に引き立たせているのは、ナジール・マザールやアストリッド・アンデルセンなど若くて新しい男性服デザイナー・ブランドの巨大なトラックスーツ、チェーン、野球キャップなどを活用したファッション」だとした。またCLが『MISSING YOU』のプロモーションビデオでヌードを披露したことについてビルボードは「ビデオの話題はCLの大胆なヌードシーンだ。マイリー・サイラスの『Wreckng Ball』と比較してみても、悲しみがよく表現されたCLのヌードだ」として米国最高のアーティスト、マイリー・サイラスと比較することもした。

ある音楽関係者は、CLの米国進出について「CLは本格的な進出前から持続的に米国の音楽市場や有力メディアから関心を集めてきており、先に進出した歌手よりも際立つ成果を出すものと見られる。CL特有の音楽スタイルとファッションは、米国市場で東洋歌手に最も求めているもの」としながら「特に、幼少期を外国で過ごして英語やフランス語などの外国語が堪能なCLは、米国市場進出におあつらえ向きと言える」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP