주요 기사 바로가기

外国人ソウル観光客の66%、意思疎通に不満

ⓒ 中央日報日本語版2014.10.31 14:30
0
ソウルを訪れた外国人観光客の満足度調査で最も不便だと思う事項は言語コミュニケーションであることが分かった。

(財)韓国訪問委員会は30日、ソウルを訪れた外国人観光客を対象に実施した調査結果からこのように明らかにした。この結果は、「2014秋シーズン外国人観光客歓待ウィーク」(9月25日~10月5日)に、ソウル市における観光の質的改善のため臨時観光案内所を訪れた外国人観光客3024人(40カ国)を対象にアンケート調査を実施して集計したものだ。

アンケートの結果、外国人観光客はソウル観光は全般的に満足と好評した半面、不便に思う事項では言語コミュニケーションを1位(66%)に挙げた。

 
回答者別の国籍比率は中国(57.5%)で最も高く、台湾(8.2%)、日本(7.7%)がその後に続いた。性別では女性(72%)が男性(28%)よりはるかに多く、年齢別では20代(38%)、30代(30.6%)、40代(12.9%)の順だった。

訪問目的では観光(60%)とショッピング(36.2%)が大きな比重を占めており、好きなショッピングアイテムは化粧品(41%)が1位で次いで食品(28%)、衣類(21.9%)の順であると集計された。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP