주요 기사 바로가기

韓国野党「改憲にもゴールデンタイムある」 …朴大統領は微笑のみ(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.10.30 16:41
0
大統領と与野党指導部の会合で合意したのは3つ。▼セウォル号法・政府組織法・兪炳彦(ユ・ビョンオン)法を31日まで処理▼基礎生活保障法などを通常国会の会期中に処理する努力▼予算案を法定期間(12月2日)内に処理--だ。新政治連合の白在鉉(ペク・ジェヒョン)政策委議長は会合が終わった後、政府組織法の争点である「海洋警察廃止案」を受け入れると明らかにした。

野党の出席者らは「公務員年金と公共機関の改革は政権の運命がかかる問題」とし「軍事作戦のように強行すれば必ず失敗する」と伝えたという。戦時作戦統制権の転換についても「転換の時期を決めない無期限延期は主権国家としてありえない」と指摘した。

この日、セウォル号の遺族は国会本庁の前でプラカードを持ちながら大統領との面談を要請した。文委員長は会合で「母親のように温かく抱擁すれば歴史に残る大統領になる。入ってくる時は握手したのか。(していないなら)出て行く時に必ずしてほしい」と話した。朴大統領は微笑みで応えた。しかし遺族とは会わなかった。

与野党指導部の会合の前に行われた国会本会議での施政演説では30分間に27回の拍手があった。「私たちが一つになって経済活性化に総力をつくすべき時」「より良い国を作って次の政府に譲り渡す」などの発言で大きな拍手の響いた。演説が終わった後はほとんどの議員が起立して大統領の退場を見守った。朴大統領は金代表と李院内代表、徐清源(ソ・チョンウォン)最高委員などセヌリ党指導部、会議場の前の席に座っていた議員らと握手をした後、本会議場を去った。

朴大統領は施政演説の前、文委員長に「2度も非常対策委員長を引き受けるのを見ると党内で信頼が厚いようだ」と話した。すると文委員長は「(非対とかけて)肥大(太っているという意味)なので非常対策委員長をする」と答え、笑いが誘った。朴大統領は「政治にはユーモアが必要。与野党が笑いながら政治ができればいい」と語った。
韓国野党「改憲にもゴールデンタイムある」…朴大統領は微笑のみ(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP