주요 기사 바로가기

韓日国防次官級が対談…韓国、立場を伝達

ⓒ 中央日報日本語版2014.10.30 14:32
0
29日、韓国国防部によると、白承周(ペク・スンジュ)国防部次官は「2014ソウル安保対話(ADD)」に参加した日本防衛省の徳地秀士防衛審議官と協議を行った。

白次官は同日の対談で「日本の安保政策議論は平和憲法の精神を堅持した上で、地域の平和と安定に寄与し、過去の歴史に起因する周辺国の疑念と憂慮を反映する方向で透明に行われるべき」という韓国政府の明確な立場を改めて伝えた。

また、「日本の集団的自衛権行使により地域の不安定化を招いてはならない。韓半島(朝鮮半島)安保と韓国の国益に影響を及ぼす事項については、韓国の要請または同意がなければ行使できない」という点も繰り返し強調したと国防部は伝えた。

一方、徳地防衛審議官は日本における最近の安保政策の推進動向について説明し、両国が国防協力を強化する必要性について言及した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP