주요 기사 바로가기

ソフトバンク、シェア8%に上げ純益1位…「流通」で成功

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.10.28 09:37
0
孫正義会長率いる移動通信会社のソフトバンクは日本だけでなく世界的な成功史を作り出した会社だ。基幹産業であり規制産業といえる移動通信産業でこのように急速な成長を収めたのは例がないことだ。

事実ソフトバンクの成功要因も流通のおかげだ。ソフトバンクは他の事業者と異なり出版業とソフトウェア販売が会社の母体だ。このため市場1~2位のNTTドコモとKDDIがネットワーク投資に重点を置く代わりに、ソフトバンクは消費者の好みを把握し流通網の整備に集中した。

まずソフトバンクは2008年7月にiPhoneを日本独占販売し勝負に出た。ショップのデザインからまるでアップルストアのようにリニューアルした。日本にあるソフトバンクショップはすべてアップルストアと同じく白を背景色に使っている。また、iPhoneを好む20~30代の消費者向けにiPhoneだけに補助金を集中的に投下し、2007年当時16.6%にすぎなかったシェアを昨年末には25%まで引き上げた。

ネットワーク投資額が少ない時分割LTE(TD-LTE)方式を採択したのもソフトバンクだけの特徴だ。他の移動通信会社は網安定性が優秀だという評価によりすべて周波数分割多重LTE(FDD-LTE)を採択した。あるIT業界関係者は、「当時としてはソフトバンクが中国などが使うTD-LTEのためにすぐに失敗するという分析もあった。ソフトバンクは時代の流れを読むマーケティングと営業方式が重要という判断をしたようだ」と説明した。

破格な料金制も相次いで投入した。2008年にiPhoneを導入して3G無制限データ定額制を発売した。データ課金に負担を感じる20~30代向けの措置だった。2011年にはiPhone4S導入とともに既存iPhoneユーザーに無償で携帯電話を交換する無償機種変更サービスを出した。昨年にはソフトバンクを使う消費者の家族がiPhone5Sと5Cを購入する場合、データ料金を1050円割り引くプロモーションも行った。

結局ソフトバンクは韓国と似た日本の移動通信市場の「5対3対2」のシェア構造を破るのに成功した。iPhone導入をためらったNTTドコモとKDDIも結局昨年からiPhoneを発売し始めた。業績も市場1・2位の事業者を超えた。ソフトバンクは2013年度の純利益が前年比42%増の5270億円を記録した。業界1位のNTTドコモの4647億円より純利益が多くなったことになる。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ソフトバンク、シェア8%に上げ純益1位…「流通」で成功

    2014.10.28 09:37
    뉴스 메뉴 보기
    iPhone導入後アップルストアのような白地に背景を変えたソフトバンクショップ。
    TOP