주요 기사 바로가기

韓電社長「アジア35カ国のエネルギー市場で、韓国の未来技術見せる」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.10.27 12:01
0
韓国電力は近頃、いつになく雰囲気が良い。12月、全羅南道羅州(チョンラナムド・ナジュ)への本社移転を控えてソウル三成洞(サムソンドン)の本社敷地を鑑定価格の3倍となる10兆5500億ウォンで売ることになった。昨年6年ぶりに赤字から抜け出したのに続き、今年までも2年連続の黒字が期待される。

韓電は勢いに乗って朴槿恵(パク・クネ)大統領が創造経済の核心分野に選んだエネルギー新産業(▼電力需要の管理市場▼エネルギー管理統合サービス▼独立型マイクログリッド▼太陽光の賃貸▼電気自動車の充電▼火力発電の温排水熱の活用)の育成に拍車を加えている。ちょうど韓電が主催する2014年アジア・太平洋電力産業カンファレンス(CEPSI 2014)が27日、済州(チェジュ)で開幕する。中国・日本・豪州をはじめとするア・太地域の加盟35カ国の電力会社の最高経営責任者(CEO)・役員・エンジニアが集まって電力産業の未来を論じる場だ。17日にソウル三成洞の本社で趙煥益(チョ・ファンイク)韓電社長(64)に会ってア・太電力産業カンファレンス主催の意味と各種懸案についての見解を聞いた。

--ア・太電力産業カンファレンスを紹介してほしい。

「アジアで最も権威ある国際エネルギー会議だ。スポーツで言えばアジア競技大会といえる。2年に1度開かれる行事で今回が20回目だ。韓国が開催するのは今回が初めてだ。気候変化対応案からスマートグリッド(知能型電力網)による電力効率化まで多様な未来の電力産業をめぐって討論する」

--今回のカンファレンス開催で期待される効果は。

「韓国としてはブルーオーシャン(成長潜在力が大きい市場)を開拓できる良い機会だ。過去のカンファレンスとは違い、今回はビジネス購買相談会を設けた。アジアで最も大きな電力ビジネスの場が開かれた。アジア・太平洋は北米や欧州よりも成長速度がはるかにはやい市場だ。今回、電力産業のリーダー2000人が参加する。彼らを相手に韓国の未来の電力技術を集中的に披露する」

--どんな技術を主に披露するのか。

「エネルギー新産業の核心技術者であるエネルギー保存装置(ESS)が例に挙げられる。電気料金が安い時間に電力を保存して高い時間に売る装置だ。今後、ESSの技術標準をめぐって全世界の電力関連企業が先行獲得の競争を行う可能性が大きい。かつてビデオ・半導体も技術標準を先に占めた企業が市場を支配した。韓電は2017年までに6250億ウォンをESS技術構築と普及に投資してグローバル市場で競争力を育てる計画だ」

--ほかの懸案も気になる。本社の売却代金はどこに使うのか。

「ひとまず負債を減らすつもりだ。もともとならば政府の公共機関の正常化計画により2017年までに14兆7000億ウォンの負債を縮小しなければならない。今回の売却契約で当初の計画より多くの負債を返せるものと見ている。その次は配当と投資、電力需給の安定に投じるつもりだ。大株主である政府と協議して、使い道と優先順位を定める」
韓電社長「アジア35カ国のエネルギー市場で、韓国の未来技術見せる」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓電社長「アジア35カ国のエネルギー市場で、韓国の未来技術見せる」(1)

    2014.10.27 12:01
    뉴스 메뉴 보기
    趙煥益(チョ・ファンイク)韓国電力社長は27日に開幕するアジア・太平洋電力産業カンファレンスについて「韓国がブルーオーシャンを開拓できる良い機会」と話した。(写真=韓国電力)
    TOP