주요 기사 바로가기

不良製品リサイクル問題…韓国食薬処「大腸菌群、検出されなかった」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.10.24 08:37
0
大腸菌群が検出された製品を正常な製品と混ぜて販売したとして問題になっていた韓国食品メーカーの東西(トンソ)食品のシリアルからは大腸菌群は検出されなかった。韓国食品医薬品安全処(食薬処)は21日、東西食品の「ポスト・アーモンドフレーク」など4品目の検査結果を発表した。大腸菌群は検出されなかったものの、廃棄すべき製品を原料として再使用し自社品質検査結果を食薬処に報告しなかった点を挙げて過怠金と是正命令処分を下した。

食薬処のカン・ポンハン食品安全政策局長は「該当の製品だけでなく、東西食品のすべてのシリアル製品(18個)から大腸菌群は検出されなかった」と話した。人体有害成分も検出されなかった。食薬処ハン・サンベ食品総括管理課長は「一般大腸菌群は毒素を生成しない」とし「大腸菌群が検出されなかった製品に毒素が残っている可能性はない」と話した。

これに先立ち14日、食薬処は東西食品のシリアル製品「ポスト・アーモンドフレーク」「グラノーラ・クランベリーアーモンド」等、4品目125トンの流通・販売を暫定的に禁止し、生産工程と大腸菌群含有の有無を調査してきた。

食薬処は東西食品が大腸菌群が出た完成品を開けて他の製品の原料として使っていた点を確認して是正命令を下した。カン局長は「完成品を開けて再加工で使うには、水分が出てきたとか安全と関連ない場合に限定される」とし「病原性大腸菌群のように人体に害を及ぼすおそれのある項目については原則的に廃棄処分をしなければならない」と話した。

食薬処は、東西食品が自社品質検査で非適合判定が出たにもかかわらず、これを食薬処に知らせなかったことに対し、300万ウォン(約30万円)の過怠金処分を通知した。2012年4700個余りの大型食品メーカーが自社品質検査で非適合製品が見つかれば回収・廃棄して食薬処に報告するように義務づけた。だが、これまでメーカー側が自発的に申告した事例はない。食薬処は、今後報告義務に反した場合、3年以下の懲役または3000万ウォン以下の罰金を賦課して1カ月の営業停止処分にする方向で進めている。

これに対して、東西食品は報道資料を出して「大腸菌群が検出されなかったことで消費者の心配を少しでも減らすことができよかった」としながら「4品目のシリアル製品は検査結果と関係なくすべて廃棄する」と明らかにした。東西食品は消費者に繰り返し謝罪しながら「今回のことを契機に安全な製品を作る責任ある企業になる」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP