주요 기사 바로가기

キムチ・チーズ・酒…世界醗酵食品が韓国に集まる

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.10.22 17:41
0
国際醗酵食品エキスポが23~27日、全羅北道全州市半月洞(チョルラブクド・チョンジュシ・パヌォルトン)の全州ワールドカップ競技場で開かれる。グローバル食品展市議会として、3年連続「大韓民国有望展示会」に選出されるほどの成長を遂げている行事だ。

今年で12回目を迎える同エキスポは、20カ国から370社が参加する。味噌・コチュジャン・キムチ・塩辛など韓国伝統醗酵食品のほか、バルサミコ酢・オリーブオイルをはじめビール・チーズ・ワイン・酒・ノニジュースなど各大陸の多彩な醗酵食品3000余品目が披露される。

大韓民国の食品名人とコチュジャン・紅参・伝統酒分野の職人が1カ所に集まる名人展、全北地域の独特の酒を味わえる伝統酒品評会も開かれる。味噌作りやチーズ作りなど醗酵食品体験コーナーも運営される。全州ワールドカップ競技場では21~24日、韓国・日本・中国代表料理の腕前を競う「フード・エクスチェンジ」行事も開かれる。

 
全羅北道と姉妹提携を結んでいる中国江蘇省と日本鹿児島県の食の交流戦だ。江蘇省からはホテル料理人が、鹿児島県からは料理学科の教授が出場し、全羅北道からは全州国際韓国料理料理学校チームが出場して“特別な料理”をつくる。中国の3大酢の一つに選ばれる江蘇省鎮江市の香酢と200年の歴史を誇る鹿児島県の黒酢も公開される。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP