주요 기사 바로가기

韓国KT、9億人が利用するアジア海底ケーブルを管理(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.10.22 13:36
0
KTは国際海底通信分野でアジアを超え太平洋まで進出する計画だ。KTは21日、アジア地域と北米間で急増する国際通信需要をこなすため韓国と中国、日本、台湾、米国を結ぶ長さ1万4000キロメートルの海底光ケーブルNCP(New Cross Pacific)建設に向けた協定書を締結した。NCPは2017年末に開通し商用サービスを始める予定だ。

一方、SKテレコムはこの日、ITU全権会議特別行事である「5Gグローバルサミット」で次世代通信ネットワークの第5世代(5G)へと進む移動通信の進化に対する方向性を提示する「5G白書」を刊行した。この白書には2020年ごろに商用化される5G時代のビジョン、核心技術、サービス、周波数などに対する分析と発展方向、方法論などが盛り込まれている。また、5Gネットワークを活用して提供される未来サービスとしては、▽ホログラム▽拡張現実など没入型マルチメディア▽超連結モノのインターネット(IoTサービス)などを提示した。『スターウォーズ』や『マイノリティリポート』のようなSF映画の場面が現実化するという話だ。

SKテレコムネットワーク技術院のパク・ジンヒョ院長は、「韓国で初めて『5G白書』を刊行し、今後進められる各種研究と議論に向けた方向性を提示できるようになった。今後も多様な5G研究開発を通じ世界の未来通信市場を先導していきたい」と話した。

SKテレコムはまた別の特別行事であるワールドITショー展示館で、「スマート展示場ガイドサービス」を紹介した。このサービスは近距離位置認識技術のブルートゥースビーコンとスマートフォンのアプリを活用して展示場観覧をサポートするシステムだ。SKテレコムが戦略的に推進するスマートアプセサリー(スマートフォンと連動して使用する製品)事業のひとつだ。

ユク・テソン新事業推進団長は、「過去に顧客は生き生きとした展示場情報を得られなかった。だが、いまはアプリを通じ展示場の位置把握だけでなく情報まで得られる時代になった」と話している。


韓国KT、9億人が利用するアジア海底ケーブルを管理(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP