주요 기사 바로가기

【社説】潘基文1位、韓国内の政治家は恥じるべき

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.10.22 11:35
0
ハンギルリサーチが20日に発表した次期韓国大統領候補の世論調査で、潘基文(バン・ギムン)国連事務総長が39.7%と圧倒的1位を占めた。次は朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長13.5%、文在寅(ムン・ジェイン)新政治民主連合議員9.3%、金武星(キム・ムソン)セヌリ党代表4.9%の順だ。世論調査だけで見れば「潘基文現象」が生まれたと言えるが、これはさまざまなことを示唆している。

潘総長は政界の外にいて、さらには外国で活動している。ほかの政治家のように「大統領選挙に向かって奔走する人」に分類されることもない。そんな人が大差で1位ということなのだ。これは潘総長の得点とは違う、異議失点が交わった結果だろう。有権者は潘総長に対して国際的なリーダーシップ、問題解決のための努力、合理的な世界観と言動に注目していると見られる。彼が国内政界でもリーダーシップを発揮するのか、国内懸案に対しても能力を見せるのかなどについては霧に包まれている。彼に権力意志があるのかもまだ分からないことであり、たとえ彼が飛び込んだとしても国内選挙戦の制度で勝利するのはまた別問題だ。

明らかなことは、潘総長と違って国内の「名望家」走者たちが有権者に多くの失望を与えているという点だ。朴元淳市長の側近・部下はソウル市立大から不当に教授月給を受けとった。朴市長が強調する「市民のソウル市」から外れることだ。文議員はセウォル号遺族の不当で無理な要求に同調しながら混乱をあおった。元大統領候補にふさわしくない振る舞いだという批判が大いに提起された。金代表は外国訪問中にいきなり「オーストリア2院執政制」と「改憲洪水」論を取り上げてすぐに後退する姿を見せた。国政の1本の軸である政府与党の代表として慎重でなかったという指摘を受けた。

国内走者を見守りながら、多くの有権者は彼らに未来の改革を任せられるか疑問を抱いている。その心理から潘基文という可能性が育つのだ。旧政治に対する不信のために「新しい政治・安哲秀(アン・チョルス)」現象が生まれたことと似ている。国内走者をはじめとする政界にとって潘基文は、とりあえずは「反省の鏡」だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP