주요 기사 바로가기

鉄格子で囲まれた違法操業の中国漁船避けて高速ゴムボート転覆=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.10.17 09:26
0
1/4
16日明け方、全羅北道群山市(チョンラブクド・グンサンシ)の於青島(オチョンド)西側の韓国側排他的経済水域(EEZ)内で違法操業中だった中国漁船を海洋警察が検挙している。海洋警察は15日から1泊2日で1000トン級以上の大型警備艦4隻など17隻の艦艇を動員して西海(ソヘ、黄海)の違法操業特別取り締まりを行い、中国漁船4隻をだ捕した。
「このままでは死ぬのではないかという思いが絶えず浮かびます」。

16日午前2時40分、全羅北道群山市沃島面於青島里(チョンラブクド・グンサンシ・オクトミョン・オチョンドリ)の西側120キロ海上。群山海洋警察署のパク・セチョル巡査(32)は漆黒の夜の海を眺めて唇をかみしめた。パク巡査はこの日、群山海警所属の3000トン級3010艦に検索要員として乗船し、違法操業中の中国漁船を取り締まっていた。彼は「最近になって中国人船員の抵抗が一層強まり、命の危険を感じる時が1回や2回ではない」として「ビールビンは基本で刃物や鉄熊手を振り回す船員も少なくない」と話した。

西海(ソヘ、黄海)地方海洋警察庁が15日から1泊2日の予定で実施した西海違法操業特別取り締まりに同行して感じた現場の雰囲気は、まさに一触即発そのものだった。特に10日、違法操業中だった中国漁船の船長が、海洋警察が撃った銃弾にあたって亡くなる事件が発生して以降、緊張の程度はより一層高まった。海洋警察は今回の取り締まりに1000トン級以上の大型警備艦3隻と300トン級の中型艦4隻など17隻の艦艇を投入した。

少し後、前方に注目していた海洋警察が「中国漁船の違法操業確認」と叫んだ。「あそこに左右に長く、こぶのように飛び出しているのは島か」と尋ねると、すぐにそばにいた海洋警察は「あれがまさに中国漁船」と答えた。双眼鏡で確認してみると漁船だった。あっという間に「戦闘モード」に突入した。3010艦がそばにいた1001艦と共に40隻余りの中国漁船を追いかけ始めた。中国漁船は韓国側の排他的経済水域(EEZ)の外側に向かって全速力で逃げた。海洋警察と中国漁船との追撃戦が本格化する瞬間だった。

追撃は容易ではなかった。普段は20ノットの速度を出すが、この日は2メートルを超える高波と、体を支えられないほどの強風のために13ノットしか出せなかった。30分余りの追撃の途中でK-5拳銃の実弾9発と空砲弾1発が入ったK-5拳銃弾倉や警棒・ランタンなどが隊員の体から飛ばされて海中に消えた。だが最後まで追跡したあげく結局2隻を検挙することに成功した。これらの船にはイワシ3000キロやアカウオなど魚2500キロが載っていた。

15日の検挙作戦時も状況が急で差し迫っていたのは同じだった。午後6時30分、於青島の南西160キロ海上で300隻余りの中国漁船がEEZを15キロ以上侵した事実が確認された。すぐに3隻の艦艇から6隻の高速ゴムボートが出動した。この過程で1511艦艇所属の高速ゴムボート1隻が鉄格子で囲まれた中国漁船を避けようとして転覆し、隊員7人が海に落ちた。幸い一緒に出動した別の高速ゴムボート隊員が救助して被害はなかった。キム・ククソン3010艦長は「先週、中国人船長の死亡以後、中国漁船の抵抗がしばらくやわらいだ状態」として「だが、ある程度の時間が過ぎれば再び猛烈に抵抗すると予想されるだけに、警戒態勢を弱めることはない」と話した。

2度の作戦で違法操業中だった中国漁船4隻がだ捕された。これら中国漁船は全て群山港に強制連行された。群山海警は船長らを相手に調査を行った後、違法操業が確認された船員は全員、司法処理する方針だ。
鉄格子で囲まれた違法操業の中国漁船避けて高速ゴムボート転覆=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP