주요 기사 바로가기

バチカン「離婚・同性愛者の生き方も尊重を」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.10.15 17:06
0
法王が主宰する世界代表司教会議(シノドス)が13日(現地時間)、離婚と同性愛に包容的な内容が盛り込まれた中間報告書を公開した。同報告書には、同性愛者や離婚した信者を教会が差別してはいけないという内容が盛り込まれた。「教会は現代の文化に門戸を開くべき」という法王の改革が本格的に始まったとの評価が出ている。

12ページにわたる報告書は「教会は(離婚した者にも)限界や短所よりは肯定的な面があることを認識しなければならない。未完成で不完全なやり方で生活を送る彼らに対しても尊重する気持ちで接するべきだ」「同性カップルも一つの家族形態で、肯定的な側面がある」と明らかにしている。教理上、許容するという意味ではないものの、教会が彼らを受け入れる内容を議論したこと自体が画期的だとの評価が出ている。

ブルーノ・フォルテ大司教は「同性愛や同性結婚を認めるということではなく、一人一人すべての尊厳性を尊重しようとするもの」と説明した。過去、カトリック教会が離婚や同性愛などを罪悪視していたこととは大きな差がある。ニューヨーク・タイムズは「特に同性愛に対しては革命的な変化」と分析した。

この報告書がシノドスで公開されると、41人の司教が発言に出たという。共感を表わした者も、反対した者もいた。19日の最終文書が出てくる時まで激論が続く見通しだ。また、来年10月の総会の時まで全世界のカトリック教会でも討論過程でさまざまな意見が出ることが予想される。

このような改革議論は今年6月、シノドスが公開した臨時総会議案集ですでにある程度予告されていた。議案集には事実婚姻、離婚・再婚、未婚両親などを現代家庭のあるがままの現象とし言及し、同性カップルに対する見方などについて多様な意見も紹介している。

今回のシノドスは臨時総会で今月5日から半月間の日程で世界各国の枢機卿と司教253人が参加してバチカンで開かれている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP