주요 기사 바로가기

「金正恩、10キロほど減量か…ズボンの幅が小さく」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.10.15 10:34
0
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記は身長が170-172センチ、体重が120-130キロと推定されている。2010年に姿を現した当時とは違う。情報当局は当時、金第1書記の体重を90キロ程度と推定した。しかし祖父・金日成(キム・イルソン)主席と似たイメージを作るため短期間に無理に体重を増やしたためか、2010年以降はあごや首、腹部が明確に変わった。このため肥満による糖尿・脳卒中・高脂血症・冠状動脈疾患などが疑われるというのがその間の観測だった。

14日に姿を現した金第1書記はやや体重が減り、顔や手首にむくみが見られた。黒い杖を右側でなく左側についていた点も目を引く。セブランス病院のイ・ジンウ教授(整形外科)は「過度な体重のため足首に無理がかかった可能性がある」とし「左側に杖をつく場合、普通、右側の足または足首を手術した後、リハビリ中という信号」と診断した。イ教授は「体重が問題なら両足首ともに無理があるだろうが、リハビリを考慮してひとまず片足を先に手術する可能性がある」とし「一般的に手術をする場合、リハビリに3カ月ほどかかるが、それより先に姿を現したため、さらにリハビリのための休養が必要とみられる」と話した。

金第1書記のズボンの幅が小さくなった点も目につく。これは腰と太ももが細くなったということだ。長いあいだ運動をせず横になっていたためとみられる。手術後の回復のため平壌(ピョンヤン)付近で長期間療養をした可能性を傍証する部分だ。

専門医は金第1書記が5月に松涛園国際休養所を訪問した当時に比べ、10キロ近く体重が減ったと分析している。匿名を求めた家庭医学科専門医は「体重の減少は他の合併症より、手術後の体重調節の結果である可能性が高い」とし「足首の靭帯または(足の裏に痛みを感じる)足底筋膜炎などの原因で足が良くない可能性が高いが、他の疾患などの兆候は判断しにくい」と話した。

顔のむくみに関しては、手術時の麻酔の影響という見方と腎臓異常説に分かれた。最高首領の金第1書記が久々に姿を現す過程で医療スタッフと労働党宣伝・扇動担当者が細心の注意を払ったにもかかわらず顔のむくみが抜けないのは、腎臓の異常を疑う余地があるという意見もあった。しかし多くの専門医は手術後のストレスなどでむくみが残っている可能性はあるが、健康異常の兆候とは見なしがたいと判断した。

ハン・イングォン元成均館大医大内分泌内科教授は「顔のむくみの程度からみて、手術の影響である可能性はあるが、腎臓など臓器に大きな問題があるとは見られない」とし「いろいろと提起された健康異常説に比べ、健康ということだ」と話した。しかし「ただ家族歴や喫煙、飲酒などの習慣を考慮すれば、高度肥満がいくつか合併症につながる可能性は依然として残っている」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP