주요 기사 바로가기

【コラム】高齢化時代のアイコン「エイジング・ブーマー」=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.10.10 11:58
0
最近のあるグローバルマーケティング調査機関の発表によれば、来年から日本の成人おむつの販売量が乳幼児おむつの販売量を超えるという。日本の成人おむつ市場は毎年6~10%ずつ着実に成長しており、日本の65歳以上の人口が全人口の25.9%に達するというと、こうした展望も現実性のない話ではないようだ。日本の人口高齢化を肌で感じる事例だ。

高齢化は日本だけでなく他国でもいち早く進行している。国際連合(UN)によれば、2045年には人類史上初めて60歳以上の人口が15歳以下の人口を上回るという。

この前、高齢化に関して興味深く接した単語がある。まさに「エイジング・ブーマー(Ageing Boomer)」という言葉だ。引退した、もしくは引退を控えている1946年から1964年の間に生まれた「ベビー・ブーマー」世代を称する。人口統計学者らは世界的な高齢化とともに最近「エイジング・ブーマー」世代の登場に注目している。

彼らは快適さや安らかさだけを追求した以前の世代の老齢層とは違い、活発な消費活動と社会生活を楽しんで、新しい消費文化を主導すると予測されている。投資や財テクの面でもエイジング・ブーマーは高齢化時代の核心アイコンとして新たな投資テーマを引き出すと展望されている。

それならば、どんな業種がエイジング・ブーマー世代の恩恵を受けられるだろうか。その1番目はヘルスケア産業だ。最近、老年層の間では元気に老いるという意味の「ウェル・エイジング(Well Ageing)」に対する欲求が高まっている。自然に個人が医薬品・医療機器などに使うお金も増えている。過去10年間で多くの経済協力開発機構(OECD)加盟国で65歳以上の人口のヘルスケア関連支出が着実な上昇の勢いを見せた。

さらに高齢者人口の増加は、1人ひとりに特化したサービスと医療技術の開発を促進させている。現代人が経験する代表的な病気であるがん・糖尿病・心臓疾患関連の医薬品の研究開発に専門性がある製薬会社と、老化した臓器や身体を補助する人工関節・人工膝・補聴器などを生産する医療機器メーカーが今後も高い成長をすると見込まれている。また単に病気を治療する水準を超えて予防サービスを提供する企業も人気を呼ぶと予想される。


【コラム】高齢化時代のアイコン「エイジング・ブーマー」=韓国(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP